北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  白老町の地域循環バス…
白老町の地域循環バス「元気号」が2日から3台で運行【白老】
室蘭民報 - 2017/09/30 11:11
10月2日からダイヤが改正される「元気号」
 白老町が運行している地域循環バス「元気号」は、10月2日からダイヤを改正し、路線数を11系統・18便から9系統・25便に、運行台数を2台から3台にする。町は「バスを1台増車して路線便数を増やし、現在実施している乗り継ぎを廃止することで、乗車時間の短縮など利用者の利便性向上を図りたい」と期待している。

 ダイヤ改正は2015年(平成27年)12月以来。乗り継ぎの不便さや乗車時間の長さなどで利用者が減少していた。路線の便数は、虎杖浜鉄北地区で2往復を4往復に変更するなどのダイヤ再編で増便する。増車するバスは室蘭信用金庫の創立100周年記念事業として同金庫から購入資金が寄付された。購入したのは29人乗りのマイクロバス。

 町は通行路線や時刻などを記したパンフレットを各世帯に配布するほか、公共施設に配置する。

 1回当たりの運賃は100円、小中学生は50円、未就学児は無料。バス停がなくても乗車できる「フリー乗降区間」があり、乗車する場合はバスが近づいてきたら運転手に向かって手を上げるなどの合図をするとよい。

 1994年度に導入した「元気号」の利用は、2005年度の年間約6万7千人をピークに減少傾向にあり、16年度はピーク時の3分の1以下の約2万人だった。

 台風18号の影響で国道36号の竹浦橋が通行止めになっていることから町は「若干の遅れが生じると考えられます。迷惑をお掛けしますが、ご理解ください」と話している。
[室蘭民報]-最近の話題
室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】(2017/10/21)
室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】(2017/10/21)
旭町自治会が創立50周年、あす記念祝賀会【室蘭】(2017/10/21)
伊達赤十字病院に禁煙外来開設、患者に寄り添い治療【伊達】(2017/10/21)
国際ソロプチミスト日本財団援助事業にキウシト登別【登別】(2017/10/21)
ドングリ、カボチャ…テーマパークで秋の割引き【登別】(2017/10/21)
東明中で半世紀の節目祝い盛大に記念式典【室蘭】(2017/10/21)
知る権利に応える、栄高塾で室民・有田記者が職業講話【室蘭】(2017/10/21)
澄んだ歌声が施設に響く、スワン・ハーモニーが訪問【室蘭】(2017/10/21)
室蘭と登別の食材を活用、青年会議所が活動紹介【室蘭】(2017/10/21)
留萌管内の林業関係者が見学したドローンの実演飛行
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)