北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  市職員会館を廃止 老…
市職員会館を廃止 老朽化で来年9月【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/11/14 13:43
老朽化が進み廃止が決まった職員会館
 帯広市は来年9月末で職員会館(西7南7)を廃止することを決めた。築47年が経過して老朽化が進んでいる上、整備当時とは施設に求められるニーズも変化しているため。

 職員会館は市職員の福利厚生や会議、研修などを目的に1970年に建設された。職員のクラブ活動や懇親の場などとして使われてきた。近年は公務としての会議の利用が増えてきているものの、民間の福利厚生サービスが充実してきたこともあり全体の利用件数は減少傾向にある。夜に飲食を提供する「会食事業」も当初の週5回から1回に縮小。昨年度の利用は323件で、うち129件が公務利用だった。

 維持管理・運営には年間約600万円掛かり、うち約200万円を市が一般会計から助成、約400万円を職員でつくる福利厚生会が負担している。

 建て替えや耐震改修には多額の費用が掛かることから、廃止を決めた。会議利用は市役所や民間の貸し会議室などで代替する。福利厚生会として、別の施設に間借りすることも検討しているという。現施設の解体は2019年度以降になる見込み。

 13日の市議会総務委員会で佐々木直美氏(民進市民連合)が、少子高齢化で財源も限られる中での公共施設管理の基本指針「公共施設マネジメント」(公マネ)の観点から質問。市は「市民に公マネの必要性を説得力をもって伝えるためには、具体的な取り組みを進めていかなければならない」(企画課)とし、その具体例として職員会館廃止の方針を説明した。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】(2017/11/24)
米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】(2017/11/24)
マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】(2017/11/24)
病院外がんサロン設立へ 管内初、来年2月予定【帯広】(2017/11/23)
つるつる 危ない! 未明の雨で路面凍結【十勝】(2017/11/23)
道の駅で「利きソフト」 高校生が企画販売【士幌】(2017/11/23)
十勝からの情報(11月19日ごろ)(2017/11/23)
道東イワシ、ブランド化 広尾に工場新設【東京・広尾】(2017/11/22)
洋菓子コン 全国4位 初出場で山崎さん【帯広】(2017/11/22)
寒さ本物 きょう「小雪」【十勝】(2017/11/22)
新千歳空港国内線ターミナルビル2階にお目見えしたクリスマスツリー
↑最近の写真
特集・道の駅
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町

金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる

新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(43)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(141)

釧路新聞(80)

十勝毎日新聞(301)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)