北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市移住交流促進イベント「Eastern」23、24日に開催【根室】

イベントについて説明する(左から)相馬さん、人見さん、移住交流推進員リーダーの古川広道さん

 市の移住交流促進イベント「Eastern(イースタン)」の根室会場が23、24日の2日間にわたって市内で開かれる。会場では根室を「森、海、空」の3視点から展示品を紹介するほか、表参道のカフェからドーナツやコーヒーの販売も。初の試みとなるネイチャーツアーはほぼ定員に達したが、23日夜のトークイベントはまだ空きがあり、同実行委員会では「市民の皆さんも気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。

 イベントは展示会、トークイベント、ガイドツアーの3本立て。第3弾となる今回は先月の東京会場と同様に、昨年根室に移住してきた市移住交流推進員の相馬夕輝さんと人見佳代子さんが中心となり、根室移住で感じた魅力や生活文化を都市部からの参加者らへ伝えるとともに、移住者を受け入れる素地としての環境醸成を図る。

 展示会は両日午前11時から午後5時まで、昭和町4のセレクトショップ「ギルド・ネムロ」で開く。会場では木製の魚箱をショーケースとして活用し、市内の海岸で採取した石や漂流物、野鳥の羽、クジラの骨などを展示する。入場無料。

 また、東京会場の舞台となった表参道のカフェ「ヒグマドーナツ&コーヒーライツ」と、ボストーク・ラボがそれぞれドーナツやコーヒー、焼き菓子等を販売するほか、実行委員会が漁船の旗を作る生地で作ったオリジナルバッグやイースタン特製のTシャツ、バンダナも並ぶ。

 初のイベント運営に携わる相馬さんは、「市民の皆さんには普通の光景となっている漂流物なんかも、自然と切り離して展示すると魅力的に見えることがある。そういった着眼点を切り替え、根室の魅力を再認識するきっかけになれば」と話し、市民の来場に期待している。

 一方、初めて開くネイチャーツアーは、森の動物の視点から根室の自然を感じてもらう試みで、氷上トレッキングとワカサギ釣り体験を「鹿の目コース」、ロープワークを使った木登りとトレッキングを「鷲の目コース」と題し、別当賀や温根沼で展開する。

 4日現在、23日の「鷲の目」のみ定員に若干の空きがあるが、他のコースはキャンセル待ちとなっており、東京や大阪のほか、遠くは沖縄からも申し込みがある人気ぶりだ。

 トークイベントは23日午後6時から展示会場の「ギルド・ネムロ」で開き、市内の猟師・川越信大さんと、自身も札幌から移住してきた“木登り先生”こと外山雅大さん(市歴史と自然の資料館学芸員)が根室の生活や文化の魅力を語る。参加料は1,000円。申し込みは実行委員会(090-7643-1875、Eメールeastern.nemuro@gmail.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...