北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

「むかわ竜は9歳の大人」研究者が解説 子ども化石くらぶ公開講演

 むかわ町子ども化石くらぶ「ハドロキッズチーム」の公開講演が8日、同町穂別町民センターで開かれた。国内最前線の恐竜研究者として知られる北大総合博物館の小林快次教授と、岡山理科大学生物地球学部の千...

苫小牧民報

年明けに洋紙事業撤退 今月から順次終了-日本製紙勇払事業所

 日本製紙が昨年5月に発表した北海道工場勇払事業所の洋紙生産事業からの撤退が来月に迫った。今月末には生産活動を終える計画で、20日ごろから抄紙機や原料設備、パワープラントなどを順次停止させる。2...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員の千田さん 地域食堂「グランマ」運営に奮闘-白老

 白老町の地域おこし協力隊員の千田聖也さん(27)が大町商店街の地域食堂「グランマ」の運営に奮闘している。同店は地元の女性高齢者グループが切り盛りする食堂として知られている。今年10月に運営母体...

苫小牧民報

冬ホッキ漁始まる 初水揚げは上々の滑りだし-苫小牧漁協

 水揚げ日本一を誇る苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)のホッキ漁は7日、苫小牧沿岸で冬漁が始まった。同日早朝に15隻が出漁し、約3・6トンを初水揚げ。大サイズは前年を100円ほど上回る1キロ当...

苫小牧民報

漁獲量は前年比5%増、金額は6年ぶり低水準 秋サケ定置網漁が終了-苫小牧..

 苫小牧漁業協同組合の秋サケ定置網漁は今季、漁獲は600・5トンで前年比5%(27・3トン)増だった。全道各地で不漁に見舞われる中、苫小牧も漁獲は思うような伸びではないものの微増を確保。一方で金...

苫小牧民報

栗林商船の最新技術搭載のRORO船 苫小牧港・西港区に初入港

 栗林商船(本社東京)の新造フェリー型貨物船(RORO船)の「神珠丸」が5日、苫小牧港・西港区に初入港した。苫小牧港利用促進協議会が歓迎セレモニーを行い、関係者が物流のさらなる活発化に期待を寄せ...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

苫小牧民報

贈答需要増で生産ピーク 王子サーモン北海道工場

 スモークサーモンのトップブランドとして知られている王子サーモン。苫小牧市有明町の北海道工場では、年末年始の需要期に対応するため急ピッチで商品づくりが進められている。工場内の作業台には薫煙などの...

苫小牧民報

苫西港・西埠頭 広範囲を歩いて釣るアブラコ

苫小牧西港(東埠頭) チカ 15センチ前後。20~30匹。素針3号。アミエビ付けて。夕方からが狙い時。 苫小牧西港(漁港区周辺) チカ 10~12センチ。10~100匹。素針2号。アミエビ...

苫小牧民報

国際永久凍土学会が苫小牧大成小で凍結測定開始 卒業生・宮城大の原田准教授..

 苫小牧大成小学校(柴田知巳校長)で2日、理科の楽しさを伝えることを目的とした国際永久凍土学会の「土壌凍結測定プログラム」が始まった。同小の卒業生で、学会メンバーの原田鉱一郎宮城大准教授(52)...

苫小牧民報

辱果たし、再昇格つかむ 世界選手権へ、苫小牧で強化合宿-男子IHU20日..

 男子アイスホッケー日本代表のU20は11月28日から12月1日まで4日間、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで強化キャンプを行った。参加した選手たちは年明けの大一番に向けて基本的な調整を行い、チー...

苫小牧民報

調味料製造「久原本家」 恵庭に工場、道産食材で商品開発も

 調味料製造の久原(くばら)本家食品(本社福岡県久山町、河邉哲司社長)が恵庭市内の戸磯南工業団地に進出する。新工場を2020年夏から建設し、21年7月に稼働する予定。同社主力ブランド「くばら」の...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス