北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

最高齢 女性 松原さん横綱 男性 古谷さん大関 全国長寿ボウラー番付  苫小牧

日本ボウリング場協会が発表する全国長寿ボウラー番付で、苫小牧市内から22個人、夫婦3組が番付入りした。このうち女性最高齢の松原幸子さん(88)=勇払=は「女性横綱(88歳以上)」、男性最高齢の古谷...

苫小牧民報

開選手が市長表敬 応援を力にメダル獲得 東京五輪スケートボードパークで銀 

東京五輪スケートボード女子パークに出場し、銀メダルに輝いた苫小牧市在住の開心那選手(13)=WHYDAH GROUP=は17日、苫小牧市役所を訪れ、岩倉博文市長にメダル獲得を報告した。  開選...

苫小牧民報

丹羽選手に道民栄誉賞特別賞 「テレビ越しの応援力に」

道は16日、東京五輪の卓球男子団体で銅メダルを獲得した苫小牧市出身の丹羽孝希選手(26)=スヴェンソン=に道民栄誉賞特別賞を贈った。丹羽選手は「コロナ禍で無観客での試合となったが、テレビ越しからの...

苫小牧民報

市南地域包括支援センター「フレンドリーファーム」 認知症男性が農園活動

苫小牧市南地域包括支援センター(新富町)は今年度、駐車場の一角で地域住民と農園活動に取り組んでいる。自分で作った野菜を子どもたちに食べさせたいという認知症男性への個別支援策として始まった試みで、市...

苫小牧民報

カーボンリサイクル事業化へ 苫小牧産業間連携検討会議 官民の105人で初会合

苫小牧市で二酸化炭素(CO2)を有効利用するカーボンリサイクルを事業化しようと、官民で議論する「苫小牧産業間連携検討会議」が設置された。15日に市役所で初会合を開き、オンラインを含めて30事業所・...

苫小牧民報

白老牛味わう 小中学校で ふるさと給食

白老町の小中学校で14日、町内の牛肉加工業者から贈られた白老牛肉使用の「ふるさと給食」が児童生徒に提供された。  地場食材を使った「ふるさと給食」は、児童生徒に地元への理解と愛着を深めてもらう...

苫小牧民報

オートリクシャーの旅 静岡の瀧さんが道内一周「人の温かさや大自然を満喫」

静岡県富士市のヘナアーティスト瀧千智さん(34)が、オートリクシャー(三輪タクシー)での北海道一周の旅を終え、発着地点の苫小牧市に戻った。16日夜、1カ月半の長旅を共にした愛車と小樽港からフェリー...

苫小牧民報

ワーケーションに対応 年度内にオフィス整備 厚真

新型コロナウイルス感染症対策として、注目されている「ワーケーション」。テレワークやワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた新たな働き方で、厚真町は多様な生き方を実現する環境を整えたサテラ...

苫小牧民報

電卓の実務検定試験1級 苫総経高奥井さんが満点合格、地道な努力実を結ぶ

苫小牧総合経済高校2年の奥井泉那美(みなみ)さん(16)は、第142回珠算・電卓実務検定試験(全国商業高等学校協会主催)電卓部門の1級に満点合格した。奥井さんは「うれしい。将来、どんな道にでも進め...

苫小牧民報

引退競走馬を支援 慈善オークションオンラインで初開催

苫小牧市美沢のノーザンホースパークは14~20日、チャリティーオークションを初めてオンラインで開催する。新型コロナウイルス感染拡大による苦肉の策だが、中央競馬の一流騎手らが出品するグッズとあり、同...

苫小牧民報

微生物の世界的分布調査 北大研究林の植竹准教授ら苫小牧駅でサンプリング

微生物の世界的な分布を調べる研究の一環で、北海道大学苫小牧研究林の植竹淳准教授(43)が10日、JR苫小牧駅構内でサンプリング(試料採取)を行った。機械で空気中の微生物を採取後、同研究林の職員や学...

苫小牧民報

月下美人 優雅な大輪、一夜限りはかない美しさ

一夜限り咲く花として知られるゲッカビジン(月下美人)が苫小牧市花園町3の河田廣さん(86)方の軒先で10日夜、純白の華麗な大輪を咲かせた。河田さんははかなさゆえの美しさ、上品な香りを堪能。かれんな...

苫小牧民報

野村呉服店 華道家假屋崎省吾さんの作品展、本人が接客し着物を選定

苫小牧市表町の野村呉服店(野村信一社長)は9日~11日の3日間、華道家假屋崎省吾さんの着物と生け花の作品展を開催した。9、10の両日は假屋崎さん本人が来場者に着物の選定やコーディネートを行った。 ...

苫小牧民報

厚南中で集会と避難訓練 3年生が東日本大震災津波伝承館での教訓語る 「支え..

厚真町の厚南中学校(石田憲一校長)は9日、大地震を想定した全校避難訓練に合わせて、3年生が修学旅行で岩手県陸前高田市の東日本大震災津波伝承館を訪れて学んだ教訓を伝える集会を開いた。現地で聞いた被災...

苫小牧民報

記録映画「日高線と生きる」 苫小牧出身稲塚監督が無事撮影を完了、来月23日..

苫小牧市出身の映画監督稲塚秀孝さん(71)が、2019年12月から続けてきた記録映画「日高線と生きる」の撮影が完了した。現在は編集作業中で、10月上旬にも完成する見通しだ。  映画は3月末に廃...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10