北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞の記事一覧

日高報知新聞

ホッカイドウ競馬開幕 1日500人に制限し入場

【日高】2021年度のホッカイドウ競馬が14日、門別競馬場で開幕した。昨年の開幕は無観客でスタートしたが、今年は1日限定500人の入場から始まりにぎわいを見せた。11月4日が最終日で、前年度と...

日高報知新聞

田中光敏監督が故郷で 映画「天外者」公開記念トークショー

 浦河町出身の映画監督、田中光敏さん(62)を応援する「田中光敏監督故郷応援団『浦河田中組』」主催の映画「天外者(てんがらもん)」公開記念トークショーが11日、田中監督と会員ら約50人が参加し、映...

日高報知新聞

2年ぶりに2歳馬の育成展示会が開催 JRA日高育成牧場で【浦河】

 浦河町西舎の日本中央競馬会(JRA)日高育成牧場で13日、同牧場が育成調教してきたサラブレッド2歳馬の育成馬展示会が開かれ、58頭の展示(4頭欠場)や騎乗供覧で育成と調教成果を披露した。昨年...

日高報知新聞

アポイ岳山開き 安全祈願祭で登山客の無事故を祈る【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810メートル)の山開きと登山口のアポイ山麓公園の安全祈願祭が10日に行われ、シーズン中の無事故や無災害を願った。  アポイ岳には国特...

日高報知新聞

映画製作で田中光敏監督と懇談 「北の流氷」を応援する会【えりも】

【えりも】襟裳岬の緑化事業を題材にした映画「北の流氷」(仮題)を応援する会(木下泉代表)は8日、田中光敏監督(62)の要請を受けて町役場で映画製作の方針や現地での撮影現場での協力方法などについて懇...

日高報知新聞

「また1年よろしく」 浦河町特別アドバイザーのB☆Bに辞令を交付

 浦河町特別アドバイザーを務める北海道日本ハムファイターズのマスコット「B☆B」への今年度辞令交付式が7日、町役場で行われた。池田拓町長から辞令を受けたB☆Bは引き続き来年3月31日まで町のPR...

日高報知新聞

樹高16メートル、幹周4・8メートルの「うらかわオバケ桜」初公開へ

 新型コロナウイルスが収束しないため浦河観光協会は主催する今年の「優駿の里浦河桜まつり」を中止としたが、西舎のJRA日高育成牧場敷地の山の中腹にある道内最大級のエゾヤマザクラ「うらかわオバケ桜...

日高報知新聞

旬のアスパラなど人気 農産物直売所「菜花(さいか)」が今シーズンの営業を..

【新ひだか】三石地区の特産品を多くの人に知ってもらおうと、同地区農家が中心となって三石鳧舞の道の駅みついし隣接地で運営する農産物三石直売所「菜花(さいか)」(河合博文代表、会員78人)が、3日から...

日高報知新聞

新ひだかと淡路島の関係を読み解く 令和2年度ミュージアムトーク【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「令和2年度ミュージアム・トーク」が3月28日、町博物館で開かれ、開拓使文書から町内の静内地区に入植した稲田家、淡路島との意外なつながりなどについて、15人の参加者が楽しみ...

日高報知新聞

大勢の町民が「ありがとう、お疲れ様」 様似駅で感謝セレモニー 日高線代行..

【様似】JR日高線の鵡川―様似間(116キロ)が3月31日夜、営業最終日を迎え、終着の様似駅で代行バスの最終便を見送る「ありがとうJR日高本線『さまに駅』感謝セレモニー」が開かれた。  同セレモニ...

日高報知新聞

JR日高線廃止に伴い、日高地域広域公共バス「とまも号」運行開始 記念セレ..

【新ひだか】2015年1月の高波被害で運行が止まっていたJR日高線(鵡川―様似間116キロ)の廃線に伴い、4月1日から日高管内で新たなダイヤや路線によるバス運行が始まった。同日早朝、ジェイ・アー...

日高報知新聞

大東正史さん8回目のV 第27回装蹄技術の競技大会で【浦河】

 北海道日高装蹄師会(武田英二会長、会員78人)の第27回装蹄競技大会が29日、浦河町西舎のJRA日高育成総合施設の軽種馬装蹄所で開かれ、総合成績で浦河町の大東正史さん(44)が4連覇(昨年は新型...

日高報知新聞

茎の直径2・5センチ あま~い極太アスパラ 今年もファームホロで出荷開始..

【新ひだか】町内三石蓬栄の農業生産法人「ファームホロ」(幌村司社長、従業員5人)のハウスで、春の味覚アスパラの出荷が始まった。収穫はまだ少量で、4月後半から甘い極太の春アスパラの本格的な収穫の...

日高報知新聞

父子で高松宮記念制覇! ダノンスマッシュ国内GⅠ初優勝に生産のケイアイファ..

【新ひだか】28日の中央競馬の第51回高松宮記念(GⅠ、芝1200メートル)で、ゴール前2着馬との壮絶な叩き合いを制し、町内三石川上のケイアイファーム(中村裕子代表)生産のダノンスマッシュ(牡6...

日高報知新聞

競走馬の出産シーズン到来 藤沢牧場ではサブノジュニアの弟も【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の出産シーズンを迎え、国内最大の馬産地・日高管内では毎年、約700ある生産牧場で約5400頭の子馬が誕生する。東静内の藤沢牧場(藤沢澄雄社長)でも、子馬が続々と誕生している。 ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス