北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞の記事一覧

十勝毎日新聞

キラリ流星群 撮影成功【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は13日の明け方、三大流星群の1つ「ふたご座流星群」の撮影に成功した。流星が縦に長い軌跡を描き、冬の夜空を彩った。  流星群の本番は13日と14日の夜...

十勝毎日新聞

元気くんバーガー登場 100%本別産食材【本別】

 道の駅ステラ★ほんべつに、100%本別産食材を使った「元気くんバーガー」が登場した。テークアウト商品の充実を図ろうと、2年がかりの第1弾。香ばしく、こってりした黒豆みそソースが豚肉とキャベツによく...

十勝毎日新聞

旧かんぽの宿「観光客呼べる」 ホテルテトラ・三浦社長に聞く【音更】

 音更町十勝川温泉地区にある「かんぽの宿十勝川」を買収、改装した「ホテルテトラ」(函館、三浦孝司社長)が、8日に「ホテルテトラリゾート十勝川温泉」をプレオープンさせた。全国23ホテルを経営し、低迷...

十勝毎日新聞

北斗病院の金藤公人副院長 海外ラリーで優勝【帯広】

 帯広の北斗病院の副院長、脳神経内科部長などとして地域医療で活躍する一方で、十勝を代表するラリードライバーの金藤公人さん(54)が今年、海外ラリーに初挑戦し、ラリーニュージーランド(NZ、11月2...

十勝毎日新聞

市内中学 制服代に差 図書館司書の大平さん調査【帯広】

 帯広市図書館司書で市内在住の大平亮介さん(28)が、子どもの貧困への問題意識から、本業の傍ら市内11中学校の制服代や副教材費を比較調査した。制服代では学校間で最大1万円以上の差がある他、保護者の...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス発生日推定へ調査 北見工大【豊頃】

 真冬の大津海岸に打ち上げられる十勝川由来の氷塊「ジュエリーアイス」の発生時期を科学的に解明する研究を11日、北見工業大の吉川泰弘助教らが始めた。透明できれいな氷が打ち上げられる日が推定できれ...

十勝毎日新聞

自動運転 雪道でも 実証実験開始【大樹】

 国土交通省による自動運転サービスの実証実験が10日、町内で始まった。バス型の車両に関係者が試乗し、運転手がハンドルを操作しなくても、雪道をそれずに進む走りを体感した。  高齢化が進む地域住...

十勝毎日新聞

当たりくじ誰の手に 年末全市連合 抽選16日から【帯広】

 1日から始まった年末全市連合大売出し(帯広商工会議所主催)の抽選開始(16日)を前に、スクラッチくじの当選組み合わせ作業が11日午前10時から帯広市内の経済センタービルで行われた。主催者らは...

十勝毎日新聞

しずく写真 撮影法披露 作品集第2弾出版 浅井さん【帯広】

 帯広市在住の浅井美紀さんの2作目の写真集「しずく作品集&撮影テクニック浅井美紀の美しく小さな世界」(玄光社)が11月28日に出版された。幻想的な作品とその撮影方法が紹介されており、浅井さんは「感...

十勝毎日新聞

プラス思考で痛み緩和 帯広りはびりと日本医療大学 共同研究【帯広】

 帯広市のデイサービスセンター帯広りはびり(小川尚平代表)と日本医療大学(札幌)が、身体の痛みに悩む高齢者の症状を和らげるための共同研究を始めた。帯広りはびりの利用者ら地域の高齢者にアンケートを実...

十勝毎日新聞

1年の疲れ癒やして 忘年会盛況【帯広】

 師走の金曜となった8日夜、忘年会シーズン本番を迎え、帯広市内の居酒屋はグループでお酒や料理を楽しむ市民らでにぎわった。  飲食店「農家バルFOODBABY」はこの日は予約で満席。地元の平原...

十勝毎日新聞

「介護職の喜び」寸劇で 帯大谷短大福祉科【帯広】

 音更町内の医療・介護・福祉に携わる関係者が意見を交換する第4回「ケア・カフェinおとふけ」(実行委員会主催)が13日午後6時半から同8時まで、帯広大谷短期大学で開かれる。同短大社会福祉科介護福祉...

十勝毎日新聞

幕別高の岩森さん 八角部屋入門へ【幕別】

 幕別高校3年の岩森凌さん(18)が来年春、大相撲の八角部屋に入門する。身長191センチ、体重190キロと体格に恵まれている岩森さんは、柔道は少し経験しているものの相撲は全くゼロという素人。体格を...

十勝毎日新聞

ブドウに「掛け布団」 フェルト使い省力化【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の栽培研究ほ場「丸谷園」で、ワイン用の欧州系ブドウ品種の越冬試験が始まった。厳寒の池田町では、木に土をかぶせる越冬方法があるが、手間がかかるため、カナダで使われている...

十勝毎日新聞

庁舎建て替え 20年度までの完成目指す【大樹】

 老朽化している役場庁舎について、町が建て替えの方向で検討していることが8日までに分かった。建設地、規模などは未定だが、2020年度までの国の支援事業を活用するため、同年度までの完成を目指す。 ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10