北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ギョーザ作り春節祝う 観光地ににぎわいも【函館】

ギョーザを作りながら会話を楽しむ参加者

 中国の旧正月「春節」を迎えた5日、函館日中友好協会(東出伸司会長)は「春節聯歓(れんかん)会」を函館市青年センターで開いた。毎年恒例の行事で、市内在住の留学生と会員、中国語講座受講生らが水ギョーザをつくり、新年の到来を祝った。

 東出さんや参加留学生によると、中国では家族が集まる春節時期に北部ではギョーザ、南部では団子をつくることが多い。大みそかは「春節聯歓晩会」というテレビ番組を見て過ごし、カウントダウンとともに爆竹を鳴らすのが現在も欠かせないという。

 春節休暇は1週間から10日間ほどで、旅行に出かける人も増え、都市部から帰省する交通手段確保には数カ月前からの予約が必要になることもあるという。キャッシュレス先進国の中国らしく、「お年玉」も電子決済が主流となっているといい、参加した留学生も口々に家族から送られてきたと話した。

 会には留学生約20人を含む約50人が参加。午後4時過ぎから留学生らも次々と訪れ、「新年快楽(シンネンクァイルー)」とあいさつを交わした。用意したギョーザ用のひき肉だけで5キロ。ニラやショウガなどと混ぜ合わせたあんをもちもちとした手作りの皮に包み、水ギョーザとして味わった。

 北大水産科学研究院に留学中の王?寧(オウ・イネイ)さん(27)は「昨年3月から函館にいますが静かできれいな街。(ギョーザ作りは)面白いですね」と話す。東出さんは「一緒に交流できることがうれしい。住みよい街づくりの一助となり、函館のよい宣伝になれば」と話していた。

 一方、この日の市内観光地周辺では目立った混雑はなかったが、写真撮影や雪景色を楽しむ外国人観光客の姿も。例年さっぽろ雪まつり期間中は道南を訪れる人も増える傾向にあり、観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局・日本観光振興協会)の観光予報によれば、市内(湯の川温泉)の宿泊ピークは9日となっている。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...