北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ギョーザ作り春節祝う 観光地ににぎわいも【函館】

ギョーザを作りながら会話を楽しむ参加者

 中国の旧正月「春節」を迎えた5日、函館日中友好協会(東出伸司会長)は「春節聯歓(れんかん)会」を函館市青年センターで開いた。毎年恒例の行事で、市内在住の留学生と会員、中国語講座受講生らが水ギョーザをつくり、新年の到来を祝った。

 東出さんや参加留学生によると、中国では家族が集まる春節時期に北部ではギョーザ、南部では団子をつくることが多い。大みそかは「春節聯歓晩会」というテレビ番組を見て過ごし、カウントダウンとともに爆竹を鳴らすのが現在も欠かせないという。

 春節休暇は1週間から10日間ほどで、旅行に出かける人も増え、都市部から帰省する交通手段確保には数カ月前からの予約が必要になることもあるという。キャッシュレス先進国の中国らしく、「お年玉」も電子決済が主流となっているといい、参加した留学生も口々に家族から送られてきたと話した。

 会には留学生約20人を含む約50人が参加。午後4時過ぎから留学生らも次々と訪れ、「新年快楽(シンネンクァイルー)」とあいさつを交わした。用意したギョーザ用のひき肉だけで5キロ。ニラやショウガなどと混ぜ合わせたあんをもちもちとした手作りの皮に包み、水ギョーザとして味わった。

 北大水産科学研究院に留学中の王?寧(オウ・イネイ)さん(27)は「昨年3月から函館にいますが静かできれいな街。(ギョーザ作りは)面白いですね」と話す。東出さんは「一緒に交流できることがうれしい。住みよい街づくりの一助となり、函館のよい宣伝になれば」と話していた。

 一方、この日の市内観光地周辺では目立った混雑はなかったが、写真撮影や雪景色を楽しむ外国人観光客の姿も。例年さっぽろ雪まつり期間中は道南を訪れる人も増える傾向にあり、観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局・日本観光振興協会)の観光予報によれば、市内(湯の川温泉)の宿泊ピークは9日となっている。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...