北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ギョーザ作り春節祝う 観光地ににぎわいも【函館】

ギョーザを作りながら会話を楽しむ参加者

 中国の旧正月「春節」を迎えた5日、函館日中友好協会(東出伸司会長)は「春節聯歓(れんかん)会」を函館市青年センターで開いた。毎年恒例の行事で、市内在住の留学生と会員、中国語講座受講生らが水ギョーザをつくり、新年の到来を祝った。

 東出さんや参加留学生によると、中国では家族が集まる春節時期に北部ではギョーザ、南部では団子をつくることが多い。大みそかは「春節聯歓晩会」というテレビ番組を見て過ごし、カウントダウンとともに爆竹を鳴らすのが現在も欠かせないという。

 春節休暇は1週間から10日間ほどで、旅行に出かける人も増え、都市部から帰省する交通手段確保には数カ月前からの予約が必要になることもあるという。キャッシュレス先進国の中国らしく、「お年玉」も電子決済が主流となっているといい、参加した留学生も口々に家族から送られてきたと話した。

 会には留学生約20人を含む約50人が参加。午後4時過ぎから留学生らも次々と訪れ、「新年快楽(シンネンクァイルー)」とあいさつを交わした。用意したギョーザ用のひき肉だけで5キロ。ニラやショウガなどと混ぜ合わせたあんをもちもちとした手作りの皮に包み、水ギョーザとして味わった。

 北大水産科学研究院に留学中の王?寧(オウ・イネイ)さん(27)は「昨年3月から函館にいますが静かできれいな街。(ギョーザ作りは)面白いですね」と話す。東出さんは「一緒に交流できることがうれしい。住みよい街づくりの一助となり、函館のよい宣伝になれば」と話していた。

 一方、この日の市内観光地周辺では目立った混雑はなかったが、写真撮影や雪景色を楽しむ外国人観光客の姿も。例年さっぽろ雪まつり期間中は道南を訪れる人も増える傾向にあり、観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局・日本観光振興協会)の観光予報によれば、市内(湯の川温泉)の宿泊ピークは9日となっている。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...