北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ピクニック」一区切り 市中心部で20年 3月20日閉店【帯広】

 帯広市内のとかちプラザ内にあるエスプレッソ カフェ・バール「Pic Nic(ピクニック)」(鈴木勇夫代表)が3月に閉店し、前身を含め20年以上になる歴史の幕をいったん閉じる。経営する鈴木代表(72)と厨房(ちゅうぼう)に立つ妻妙子さん(62)は体調不良のため閉店を決意したが、今後は2人でリハビリに専念し、店の復活を目指す。

(右から)鈴木代表と妻妙子さんは二人三脚でリハビリし、店の復活を目指す

 帯広出身の鈴木代表は、東京都内新橋の第一ホテル(現阪急阪神第一ホテルグループ)の支配人を務めた後、1998年に、市内西2南10にカフェを開店した。

 当時、女性が気軽にコーヒーを楽しめるカフェが少なかった市内で、女性客からの支持を集めた。「学生の財布にも優しく」と店内のメニューは1000円以下のものが多い。現店舗のとかちプラザには2008年に移転した。

 開店時からの看板メニュー「パニーニ」は当初チーズや野菜を使ったものなど10種程度だったが、今では2倍近くにまでメニューが充実。鈴木代表がホテル勤務時代に出張で訪れたヨーロッパ各地のカフェを参考に、「メニューは私が妻にイメージを伝え作ってもらってきた。ヨーロッパのカフェメニューを一つずつ再現してくれた」と話す。

 鈴木代表と、17年に逝去した母ひさ子さんの看病に忙しくしてきた妙子さんが昨年9月に体調を崩した際、2人で今後の店について話し合ったという。「妻にはここ数年苦労を掛けてしまった。ただお店を復活させるために、お別れ会などは開かないと決めた」と鈴木代表。

 それでも「ここまで来られたのはお客さまのおかげ。2人で病気を克服し、同級生たちが集まってくるこぢんまりとした店になって戻ってきたい」と前を向く。

 店の最終営業日は3月20日。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...