北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ピクニック」一区切り 市中心部で20年 3月20日閉店【帯広】

 帯広市内のとかちプラザ内にあるエスプレッソ カフェ・バール「Pic Nic(ピクニック)」(鈴木勇夫代表)が3月に閉店し、前身を含め20年以上になる歴史の幕をいったん閉じる。経営する鈴木代表(72)と厨房(ちゅうぼう)に立つ妻妙子さん(62)は体調不良のため閉店を決意したが、今後は2人でリハビリに専念し、店の復活を目指す。

(右から)鈴木代表と妻妙子さんは二人三脚でリハビリし、店の復活を目指す

 帯広出身の鈴木代表は、東京都内新橋の第一ホテル(現阪急阪神第一ホテルグループ)の支配人を務めた後、1998年に、市内西2南10にカフェを開店した。

 当時、女性が気軽にコーヒーを楽しめるカフェが少なかった市内で、女性客からの支持を集めた。「学生の財布にも優しく」と店内のメニューは1000円以下のものが多い。現店舗のとかちプラザには2008年に移転した。

 開店時からの看板メニュー「パニーニ」は当初チーズや野菜を使ったものなど10種程度だったが、今では2倍近くにまでメニューが充実。鈴木代表がホテル勤務時代に出張で訪れたヨーロッパ各地のカフェを参考に、「メニューは私が妻にイメージを伝え作ってもらってきた。ヨーロッパのカフェメニューを一つずつ再現してくれた」と話す。

 鈴木代表と、17年に逝去した母ひさ子さんの看病に忙しくしてきた妙子さんが昨年9月に体調を崩した際、2人で今後の店について話し合ったという。「妻にはここ数年苦労を掛けてしまった。ただお店を復活させるために、お別れ会などは開かないと決めた」と鈴木代表。

 それでも「ここまで来られたのはお客さまのおかげ。2人で病気を克服し、同級生たちが集まってくるこぢんまりとした店になって戻ってきたい」と前を向く。

 店の最終営業日は3月20日。

関連記事

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...

苫小牧民報

ウガンダ軍の工兵対象に技能指導 国連PKO支援部隊で現地へ-新千歳

 国連平和維持活動(PKO)支援部隊早期展開プロジェクトに参加するため、陸上自衛隊からアフリカのウガンダに赴く教官団の見送り行事が16日、新千歳空港国内線ターミナルビル内で行われた。陸自第3施設...

苫小牧民報

山線資料見つかる 詩人の故斉藤征義さん蔵書

 年内の開館に向けて蔵書整理が進む苫小牧市王子町1の「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」設立準備室で、王子軽便鉄道(通称・山線)に関する資料約300点が見つかった。列車の設計図や地図、写真などで、...