北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

きょうは「北方領土の日」海星小で四島カルタ【根室】

笛の合図で一斉にカルタを取り合う児童ら

 市立海星小学校(吉川禎校長、児童数40人)は「北方領土の日」の7日、グラウンドの雪上で、同校の前身となる幌茂尻小学校の卒業生が制作した「四島カルタ」でカルタ取りを楽しむとともに、四島の名前や特徴などを学んだ。

 カルタ取りは北方領土学習の一環で、旧・幌茂尻小の頃から30年以上続く恒例行事。カルタを制作した第94回生が親となり、その子どもたちがちょうど在学していることから、保護者らが思いを込めた北方領土返還の思いを引き継ぐ狙いもある。

 今年も択捉、国後、色丹、歯舞群島の4チームに分かれ、各チームの代表が「択捉島のように広い心で」、「爺々岳のように高い目標で」、「色丹島のように美しい気持ちで」、「小さい島だけど団結力を高め」と、四島になぞらえた意気込みを交えながら、正々堂々戦うと宣誓した。

 カルタ取りが始まると、句が読み終わると同時に鳴り響く笛を合図に、待ち構えていた児童らは札に向かって一斉に走り出した。滑って転びながら「あった!」と声を上げながら札を取り合った。

 札の中には「日本人もソ連人もみんな仲良くしたい北方領土」や「てをのばしても もどってこない択捉島」など、それぞれが四島について思いを寄せ、返還を願う句のほか、「森の中 動物たちがいっぱいいるよ国後島」や「沼がたくさんある色丹島」など、四島の特徴とともにイラストが描かれている。

関連記事

苫小牧民報

東京・恐竜博、むかわ竜大人気 「予想以上に大きい」「すごい発見」

 東京・上野の国立科学博物館で13日に始まった「恐竜博2019」で、初めてむかわ町の外に飛び出し、全国デビューを果たしたハドロサウルス科の恐竜化石「むかわ竜」(通称)。全身8メートル、高さ4メー...

苫小牧民報

ギター製作に熱 道産木材製ブランド立ち上げ目指す-恵庭の鹿川さん

 恵庭市内でギター工房を営む鹿川慎也さん(32)が、製作に熱を込めている。北海道産の木材を使った独自のブランド立ち上げを目指しており、「周囲の人と一緒に楽しんでもらえるギターを作りたい」と目を輝...

十勝毎日新聞

最新農業に注目 管内畑、牧場で分科会 同友会【十勝】

 道中小企業家同友会の全道農業関連部会交流会は12日午後、管内の畑や牧場で分科会を開いた。「畑作の協同経営」「企業連携」など九つのテーマに分かれ、十勝で展開されているスマート農業や先進的な衛生管理...

十勝毎日新聞

協力隊に高津さん 観光客と地域の交流拠点を【更別】

 更別村の地域おこし協力隊として、元本紙記者の高津祐也さん(28)が着任した。産業課に所属し、空き家を活用した観光客や地域住民らが交流できる拠点スペースづくりに取り組んでいる。高津さんは「協力隊員...

十勝毎日新聞

CS推進 町の役割考える 町職員が研修会【幕別】

 今年度からコミュニティ・スクール(CS)を導入した幕別町で12日、職員向け研修会が開かれた。各課の職員が、町内の小中一環教育とCSの取り組みについて理解を深め、所属課としてどのようにCSに関わる...