北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

きょうは「北方領土の日」海星小で四島カルタ【根室】

笛の合図で一斉にカルタを取り合う児童ら

 市立海星小学校(吉川禎校長、児童数40人)は「北方領土の日」の7日、グラウンドの雪上で、同校の前身となる幌茂尻小学校の卒業生が制作した「四島カルタ」でカルタ取りを楽しむとともに、四島の名前や特徴などを学んだ。

 カルタ取りは北方領土学習の一環で、旧・幌茂尻小の頃から30年以上続く恒例行事。カルタを制作した第94回生が親となり、その子どもたちがちょうど在学していることから、保護者らが思いを込めた北方領土返還の思いを引き継ぐ狙いもある。

 今年も択捉、国後、色丹、歯舞群島の4チームに分かれ、各チームの代表が「択捉島のように広い心で」、「爺々岳のように高い目標で」、「色丹島のように美しい気持ちで」、「小さい島だけど団結力を高め」と、四島になぞらえた意気込みを交えながら、正々堂々戦うと宣誓した。

 カルタ取りが始まると、句が読み終わると同時に鳴り響く笛を合図に、待ち構えていた児童らは札に向かって一斉に走り出した。滑って転びながら「あった!」と声を上げながら札を取り合った。

 札の中には「日本人もソ連人もみんな仲良くしたい北方領土」や「てをのばしても もどってこない択捉島」など、それぞれが四島について思いを寄せ、返還を願う句のほか、「森の中 動物たちがいっぱいいるよ国後島」や「沼がたくさんある色丹島」など、四島の特徴とともにイラストが描かれている。

関連記事

函館新聞

ジュニアプログラミング検定 遺愛高杉本さん、難関1級に合格【函館】

 プログラミング教室「D-SCHOOL北海道函館校」(函館市杉並町)に通う遺愛女子高校特進コース1年の杉本瑠菜さん(15)が、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催するジュニアプログラミング...

函館新聞

久野さんが初の日本一 江差追分全国大会・一般の部【江差】

 【江差】第57回江差追分全国大会(江差追分会、江差町主催、函館新聞社など後援)は最終日の22日、町文化会館で予選を突破した50人による一般の部決選会が行われ、留萌管内苫前町の久野絹枝さん(51...

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

十勝毎日新聞

最大級餅まきに過去最高の人出 みのり祭り【浦幌】

 秋の味覚を楽しむ浦幌町のイベント「第44回うらほろふるさとのみのり祭り」(同町観光協会主催)が22日午前10時から、町内のうらほろ森林公園で開かれた。開町120年を記念した祭りは、家族連れら過...

十勝毎日新聞

ゾウの草履で熱戦 卓球大会歓声包む【幕別】

 「第5回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が22日、幕別町忠類の十勝ナウマン温泉ホテルアルコで開かれた。町内外の老若男女72人が熱戦を繰り広げた。  忠類地域魅力発信事業実行委員会イベン...