北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

きょうは「北方領土の日」海星小で四島カルタ【根室】

笛の合図で一斉にカルタを取り合う児童ら

 市立海星小学校(吉川禎校長、児童数40人)は「北方領土の日」の7日、グラウンドの雪上で、同校の前身となる幌茂尻小学校の卒業生が制作した「四島カルタ」でカルタ取りを楽しむとともに、四島の名前や特徴などを学んだ。

 カルタ取りは北方領土学習の一環で、旧・幌茂尻小の頃から30年以上続く恒例行事。カルタを制作した第94回生が親となり、その子どもたちがちょうど在学していることから、保護者らが思いを込めた北方領土返還の思いを引き継ぐ狙いもある。

 今年も択捉、国後、色丹、歯舞群島の4チームに分かれ、各チームの代表が「択捉島のように広い心で」、「爺々岳のように高い目標で」、「色丹島のように美しい気持ちで」、「小さい島だけど団結力を高め」と、四島になぞらえた意気込みを交えながら、正々堂々戦うと宣誓した。

 カルタ取りが始まると、句が読み終わると同時に鳴り響く笛を合図に、待ち構えていた児童らは札に向かって一斉に走り出した。滑って転びながら「あった!」と声を上げながら札を取り合った。

 札の中には「日本人もソ連人もみんな仲良くしたい北方領土」や「てをのばしても もどってこない択捉島」など、それぞれが四島について思いを寄せ、返還を願う句のほか、「森の中 動物たちがいっぱいいるよ国後島」や「沼がたくさんある色丹島」など、四島の特徴とともにイラストが描かれている。

関連記事

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...

室蘭民報

旧カルルス鉱山坑道跡に厳寒の造形「巨大氷筍」【登別】

 氷のタケノコ、と書いて氷筍(ひょうじゅん)。厳寒の一時期だけ姿を見せる芸術品は、天井から落ちた水が瞬時に凍り付き、繰り返すことで上部ににょきにょきと成長していく。硬い岩盤を突き破ったかの...