北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

顔面最強女子を観光大使に・メドウズ舞良さん【名寄】

名寄市観光大使に委嘱されたメドウズ舞良さん=左=

 名寄市は、ビューティーマガジン「VOCE(ヴォーチェ)」の専属モデルとしてデビューした名寄高校3年のメドウズ舞良さん(18)を、名寄観光大使に委嘱。委嘱状交付式が8日に市役所名寄庁舎で行われた。

 舞良さんは2001年1月、名寄市の生まれ。父親はカナダ人、母親が日本人のハーフで、中名寄小、東中を卒業後、名寄高校に進学。陸上部に所属し、全道大会に出場するなどして活躍し、4月からは東京の大学に進学する。

 専属モデルについては昨年8月、「VOCE BEAUTY MODEL AUDITION~顔面最強女子決定戦~」(応募者2415人)でグランプリを獲得し、同年11月に発売された「VOCE」でデビュー。AbemaTV「恋する週末ホームステイ」に出演し、10代を中心として一気に人気に火が着いた。

 名寄市はこれを機に、名寄の情報発信や知名度アップの一翼を担ってもらおう―と、舞良さんを観光大使として委嘱することとし、所属事務所も含めて本人から快諾を受けた。

 交付式では、舞良さんに委嘱状とPR用の名刺を手渡した加藤剛士市長が「名寄を全国に発信してほしい。また、長い人生の中で貴重な経験ができていることを実感しながら仕事を頑張ってほしい」などと今後の活躍に期待を寄せた。

 舞良さんは「名寄の看板として名寄の人たちに自慢してもらえるモデルになれるよう頑張りたい」と話すとともに、「ビューティーモデルとして上を目指したい。演技も頑張りたい」と抱負を語っていた。

関連記事

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...

苫小牧民報

民家や学校、農業設備も 東胆振の各地に地震爪痕

 今回の地震により、震源に近い東胆振では被害が相次いだ。現時点でけが人は苫小牧市内で3人の軽傷者が出た以外に報告されていないが、学校や牧場の施設、民家の一部などに被害が出ている。  ■苫小牧市 ...

日高報知新聞

好天待ってフノリ漁【様似】

【様似】冬島周辺の冬の風物詩となっている〝寒フノリ”の漁が解禁となり、この手摘み作業が22日、同地区沿岸一帯で行われた。寒風が吹きつける中、周辺漁民が海岸の岩場に色濃く育ったフノリを収穫した。 ...

日高報知新聞

ソフトテニス選手全国出場【新ひだか】

【新ひだか】第6回北海道中学生シングルスソフトテニス大会の女子で優勝した吉本裕香さん(静内第三中2年)と、北海道小学生インドアソフトテニス大会で女子シングルス優勝の高橋結来さん(桜丘小6年)、...