北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旅の足跡 見納め 閉幕前の週末にぎわう 武四郎展【帯広】

 幕末の探検家で「北海道」の命名者として知られる松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」(会場・道立帯広美術館)は11日の閉幕が近づき、3連休初日の9日も、まだ観覧していない市民やリピーターでにぎわいを見せている。

閉幕前最後の週末を迎え、にぎわう松浦武四郎展

 武四郎が西日本に旅する際、友人らが寄せ書きしたこうもり傘「骸骨図縫付傘(ぬいつけがさ)」など国の重要文化財(重文)を含む約200点を展示している。会場ではクイズラリーも行われ、絵に秘められた謎を探すなど全5問を用意。全問正解した帯広啓北小学校1年の男児(7)は「正解できてうれしい。すごろくは字が読めなかったけど面白そうだった」と笑顔を見せた。

 館内ロビーでは、オリジナルグッズや関連商品を販売。一番人気は図録で、絵本や小説などの関連書籍も売れている。「平積みで高く積み上がっていたが、なくなってきた」と販売スタッフ。アイヌ文様が入ったコースターやティッシュケースなども人気という。

 帯広美術館の薗部容子主任学芸員は「展示会も終盤となり、多くの方にお越しいただいている。何度か来られた方や若い方も少なくない。あと2日間あるので、まだ来られていない方はぜひご来場を」と呼び掛けている。

 開館時間は午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。観覧料は一般800円(10人以上の団体・リピーター600円)、高大生500円(同390円)、中学生以下と障害者手帳の所持者は無料。

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...