北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

陸別 全国一 氷点下31.8度【十勝】

氷点下30度を表示した陸別町内の道の駅前の温度計。記念撮影をする人もいた

 強力な寒気が流れ込み、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、9日朝の十勝地方は極寒の冷え込みとなった。陸別は氷点下31.8度となり、今シーズンの全国最低気温を記録した。陸別で同30度を下回るのは2013年1月5日以来、6年ぶり。帯広で同24.5度を観測するなど、19観測地点すべてで今季最低を更新した。

帯広18年ぶり氷点下24度以下 大樹と帯広空港 最低更新

十勝管内は各地で厳しい冷え込み。十勝川では流れに沿って「けあらし」(川霧)が現れた(9日午前6時40分ごろ、音更町十勝川温泉。ドローンで撮影)

 帯広測候所によると、大樹(氷点下29.8度)と帯広空港(同29.6度)は観測史上最低気温となった。

 帯広の最低気温は平年より11度低く、同24度を下回るのは01年1月15日以来、18年ぶり。日中も気温は上がらず、正午までの最高気温は同10.5度だった。

 この寒さで帯広市内では水道管の凍結が発生、音更町内の十勝川では川面に白く霧が立ち上る「けあらし」がみられた。

 寒さのピークは9日までだが、14日ごろまでは平年より気温が低くなる見通し。10日の帯広の最低気温は同18度と予想されている。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝の花」知って 情熱と誇りと【十勝】

 道の花き振興条例や「北海道花の日」(8月7日)の制定を受け、管内の切り花生産者らは「十勝の花」の認知度が向上することに期待を寄せている。畑作と畜産が圧倒的に主力の十勝で、花き栽培は地域農業の多様...

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生...

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

鮮やかな青に「月島機械」 ラッピングバスお披露目【室蘭】

道南バス、きょうから運行  道南バス(室蘭市東町)は11日、環境プラント・産業機械の月島機械(東京)のラッピングバスをお披露目した。きょう12日から市内3路線で運行する。  車体の前後と側面を...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...