北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

現役稜北高生漫才コンビ「ダブルグッチー」が3月にショー

 函館稜北高校2年の水口勝心さん(17)と木戸口育未さん(同)の2人で結成された現役高校生の漫才コンビ「ダブルグッチー」の漫才ショーが3月3日と4月7日の午後2時から、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれる。入場無料。  コンビ名は2人の名字に由来。小学校から高校まで同じ学校に通う幼なじみで、小学6年時には、もう2人で漫才をしていた。昨年10月からは「FMいるか」の番組のパーソナリティーとしても活躍。水口さんは「間や声量など、自分でも気づかないところを指摘してくれる、お笑いの先生みたいな存在」、木戸口さんは「厳しいことも言いやすい、昔から仲が良いので信頼もできる」と互いを認め合う。  2人は、昨年9月に大阪府で開かれた高校生の漫才コンクール「ハイスクールマンザイ2018 H―1甲子園」に初出場した。動画審査を経て、盛岡市で開かれた北海道・東北地区大会に挑み、全国大会へ駒を進めて他地区から勝ち上がった7組としのぎを削り、準優勝に輝いた。  木戸口さんは「関西は高校生でも漫才を披露できる場が多いから、レベルが高い」と大会を振り返る。そこで、Gスクエアの仙石智義センター長が「Gスクエアは若者の夢をかなえる場所。頑張っている2人の背中を押してあげたい」とショーを企画。両日は、大会の規定に合わせて3分以内のネタを約5本披露する。また、4月20、21日のシエスタ2周年記念イベントにも出演予定。  2人のH―1甲子園への挑戦は、3年生になる今年がラストイヤー。優勝すれば、吉本興業の養成所「NSC」に入学金や年間授業料が免除される特待生として入学できる。2人は「大好きな漫才で勝負する以上は、もっと上を目指したい。地元でどんどん場数を踏んで優勝したい」と意気込む。

「ラストイヤーなので、たくさん場数を踏んで優勝したい」と意気込む水口さん(左)と木戸口さん

関連記事

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

ばんえい史上初20連勝 ホクショウマサル【帯広】

 ばんえい十勝のホクショウマサル(牡8歳)は16日の第11レースで1着となり、ばんえい競馬史上初の20連勝を達成した。記録更新は1999年以来、20年ぶり。  ホクショウマサルは坂本東一厩舎...

十勝毎日新聞

藤丸が大改装へ 新ブランドも導入【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)は3月にかけて、売り場強化の一環として各フロアの改装に取り組む。新たなブランドを導入し、人気家具コーナーを大幅に拡充する。昨年春以来の大幅リニューアルで、同社は「魅力ある...

函館新聞

縄文大使就任とトークイベントにぎわう 17日も

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録実現への機運を盛り上げる「道南縄文応援大使」の任命式が16日、函館蔦屋書店で開かれた。道南縄文文化推進協議会の境勝則会長が、大使の3人にたすきと委嘱状を...

函館新聞

高専の3、4年生が英語プレゼンコンで好成績

 1月末に神戸市であった「第12回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」(全国高専連合会など主催)で、チーム部門に出場した函館高専の3年生3人のチームが準優勝を果たし、特別賞も受賞する活躍をみ...