北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

2泊で30万円 冬キャンプ満喫【帯広】

テントの中でコース料理を味わう参加者

 アウトドア観光事業を展開するデスティネーション十勝(帯広、山井太社長)が企画・販売する旅行商品「デスティネーショングランピングウインターシーズン」が、18~20日の2泊3日の日程で、スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド(帯広)などで行われている。経済的に余裕がある層がターゲットで旅行代金は1人30万円。初日の18日は初となる参加者2組4人が、冬の十勝のキャンプを満喫した。

 プログラムは冬のアクティビティーがふんだんに盛り込まれ、ツアー中は専属のガイドが同行する。18日は、十勝ポロシリキャンプフィールドで馬そりなどを楽しんだ。

 夕食は十勝ヒルズ(幕別)のシェフがキッチンカーで調理し、テントの中でマンガリッツァ豚をふんだんに使ったコース料理が振る舞われた。キャンプ場にはテントの中に薪(まき)ストーブをしつらえた「テントサウナ」も設置され、参加者が暖を取っていた。

 札幌の女性(31)は母親(60)=留萌管内羽幌町=を連れて参加。馬そりについて女性は「馬が一生懸命そりを引いていて興奮した」、母親は「昔を思い出して懐かしい気持ちになりました」と楽しんでいた。

 19日は熱気球のフリーフライトやタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)、ワカサギ釣りなどを楽しみ、ぬかびら源泉郷(上士幌)に宿泊する予定。

 札幌から参加した男性(44)は「冬のキャンプは初めてで見るもの全てが新鮮」と堪能していた。共に参加した女性(46)は「(札幌とは)別世界でよその国に来た感じ」と感想を話していた。

 同プログラムは3月6日出発分まで参加が可能で、2週間前の予約が必要。申し込み、問い合わせは同社(0155・66・6191)へ。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス