北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

6日の観察で見られた馬の様子=根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会提供

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専門家の見地からも生育は順調で、月に一度の渡島で見守っていると報告。25日からは落石地区へとつながるシーサイドライン上の霧多布で初の写真展を開くことが決まり、「根室へ足を運ぶ人がもっと増えれば」と、ユルリの魅力発信に意欲を示した。

 同会は道の天然記念物に指定されているユルリ島の特性に着目し、落石地区の自然管理や地域の魅力発信を目的に平成29年9月に設立。この日は馬の移入から4カ月が経過し、移入馬の生育が安定したタイミングで田嶋会長、早川昭貴彦相談役兼幹事ら5人が市長室を訪れ、これまで約1年半の活動状況を報告した。

 同会は野鳥や高山植物、野生馬が共存する島で、生態系を守っている野生馬の高齢化を懸念し新たな馬の移入で現状維持を図ろうと、昨年馬の購入費をインターネット上のクラウドファンディング(CF)で募り、同年9月に北海道和種「どさんこ」で当時1歳の雌馬2頭、せん馬1頭の計3頭を移入。CFで集まった寄付金は2カ月で200人から212万6,000円が寄せられ、有志の寄付を加えると270万円に上った。

 移入馬の様子について田嶋会長は「月に一度の観察でみるみるうちに成長し、先住馬と6頭で群れをなして生活している。専門家からも体調、生育ともに良好であると太鼓判を押され、ホッとした」と報告。石垣市長は「根室の可能性につながる取り組みに、感謝している」と答えるとともに、古くからユルリ島で暮らしてきた先住馬から移入馬へ島の暮らしが伝承されたことを喜んだ。

 島の魅力を発信する初の写真展は「落石ユルリへ続くシーサイドラインの自然」と題し、NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストの協力で25から30日まで、霧多布湿原センター2階のタンチョウホールで開く。主催は市内のアマチュア写真家・山本晴貴さんと落石在住の森康子さんで、同考える会が共催する。

 展示するのは山本さんが野生動物や野鳥、風景を交えた9点、夫婦船でコンブ漁を営む森康子さんがコンブ作業の合間に撮りためた花のパネル3点と、浜から見えるユルリ島を取り巻く動植物のパネル1点のほか、考える会はユルリ島を望む風景2点、ナショナルトラストからは地元の動植物や風景の写真をそれぞれ出品する。

 会場の霧多布は、断崖景勝や湿原、岬、渚、集落と景色が次々と変わる大パノラマが味わえる北太平洋シーサイドライン上にあり、ユルリ島がある落石地区へと続く動線であることから、田嶋会長は「海岸線から落石へ入る玄関口でユルリの魅力を発信することで、より多くの人々が根室・落石へ足を運ぶことを期待して選んだ」と話している。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...