北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

23日「工場夜景の日」に合わせイベント【室蘭】

工場夜景の魅力を伝える写真パネル展

 2月23日の「工場夜景の日」に合わせ、室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)は記念イベントを実施している。写真パネル展やカードの配布などを行い、観光客らに夜の室蘭の魅力を伝えている。

 「工場夜景の日」は2011年(平成23年)に神奈川県川崎市で第1回全国工場夜景サミットが開かれたことに由来する。今年も室蘭を含む日本11大工場夜景都市でさまざまな催しが企画されている。

 室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭では、工場夜景写真パネル展が3月10日まで開かれている。撮りフェスin室蘭2018(昨年7月6、7日)で提出された作品から工場夜景の写真を選定し、67枚を並べている。

 大賞に輝いたイタンキの丘から見た輪西地方のまち並みと新日鉄住金室蘭製鉄所をはじめ、白鳥大橋のライトアップなど、煌々(こぅこう)と輝く光りの芸術をアピールしている。各都市を紹介するパネルや「工場夜景の日」登録証も展示している。

 観光で来蘭したという東京都杉並区の会社員、大和田亮さん(30)は「写真だけでも美しさが伝わる。実際に夜見てみたい」と見入っていた。

 21、22の両日には札幌市中央区の大通ビッセでも工場夜景のPRを行う。23日からは海岸町の室蘭観光協会で工場夜景カードの配布を行う。日本11大工場夜景都市で組織する全国工場夜景都市協議会の取り組みで、各都市でご当地のカードを配る(2千部限定)。大きさは縦6・3センチ、横8・8センチ。

 室蘭は、同製鉄所と輪西地区のまち並みを捉えた写真を配置。裏面には夜景の見どころや観賞場所、むろらん港まつりなどの主要なイベントを紹介している。

 同会議の石田会長は「工場夜景をもっと全国にアピールしたい。観光戦略として、観光客に夜間を楽しんでもらい、消費もしてもらうナイトタイムエコノミーが進んでいる。工場夜景もその一端としてもっと伸ばしていきたい。室蘭としても少しでも貢献したい」と意気込んでいる。

関連記事

室蘭民報

22、23日に洋ラン100点の作品展示会【室蘭】

 室蘭蘭友会(栗林芳枝会長)主催の第27回洋ラン作品展示会が23、24の両日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。セロジネやカトレア、コチョウラン、ギンギアナムなど、洋ラン約100点が並ぶ。 ...

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。 ...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...