北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査
 本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断できない状況だ。冬の観光シーズンで旅行者が多いこともあり、十勝家畜保健衛生所(家保)は「ウイルス侵入防止の徹底を」と呼び掛けている。

本州での豚コレラ発生を受けて十勝家畜保健衛生所が飼養者らに配布している文書

 豚コレラは昨年9月、岐阜県の養豚場で、国内では26年ぶりに発生した。野生のイノシシや、発生農場から出荷された子豚が原因とみられ、愛知、長野、大阪、滋賀の5府県に広がっている。

 十勝管内では2017年度で約50戸が7万9500頭ほどを飼育しており、出荷頭数は道内振興局別で3番目。密集で飼育することが多い養豚は感染症による影響が大きいため、管内農家も普段から予防を徹底しているが、警戒の度合いをさらに強めている。

 十勝養豚振興協議会の鈴木勝会長(73)は昨年の発生後から、農場入り口にまく消毒薬剤の量を増やした。「出入り業者も消毒して来るが、不足があるかもしれない。ウイルスは目に見えないだけに、より力を入れている」と話す。

 ウイルスの侵入経路は特定されていない。汚染された豚肉製品が国内に入り、野生鳥獣が媒介した可能性も考えられるという。肉製品の持ち込みは禁止されているものの、中国からの旅行者らが土産などとして荷物に隠している例がある。実際に昨年10月には新千歳空港でも、より感染力が強いアフリカ豚コレラウイルスが検出されている。

 春節や冬の観光シーズンで旅行者が多い時期だけに、家保は「油断はできない」と強調する。新たな発生が確認されるごとに、飼養者や関係機関に文書で注意喚起しているほか、緊急の立ち入り検査も実施した。

 家保は関係者以外の出入り禁止、人や車両の消毒、野生鳥獣の侵入防止、畜産物を含む食品残さが入った餌の加熱徹底を呼び掛けている。「農場にウイルスが入らないよう全勢力を傾けてほしい。一般の人もむやみに豚舎には立ち入らないで」と呼び掛けている。(伊藤亮太)

<豚コレラ> ウイルスによる豚とイノシシの伝染病。感染力が強く、致死率も高い。感染すると発熱や食欲減退などが見られるが、他の感染症と似た症状で見分けがつきにくい。人にうつることはないが、養豚業への影響が大きいため、家畜伝染病予防法で感染が疑われる豚を含めて殺処分することが決められている。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...