北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

優秀賞に厚真町ハスカップ部会 「わが村は美しく」コンクール

賞状を受け取る長谷部会長(左)

 道開発局主催の「わが村は美しく―北海道」運動の第9回コンクールで、JAとまこまい広域厚真町ハスカップ部会が優秀賞に選ばれた。昨年9月の胆振東部地震でハスカップ畑に土砂が流入する被害や部会員も犠牲になった。メンバーたちは受賞を喜びつつ、復興に向けての思いを新たにした。

 町ハスカップ部会は現在、ハスカップ農家104戸で構成している。今回、生産したハスカップがアイスクリームやジャム、ゼリーなどさまざまな加工品に活用され、農業の活性化に貢献してきたことが評価された。

 表彰式は26日、厚真町内で行われ、長谷誠良部会長が室蘭開建の米津仁司部長から賞状を受け取った。長谷部会長は「地震で多くの被害を受けたが、受賞を励みにこれからも頑張っていきたい」と話した。

 JAとまこまい広域によると、地震前は約25ヘクタールに約4万2000本のハスカップを栽培していたが、地震で8ヘクタールの1万1210本が土砂に埋まるなどした。104戸のうち24戸で被害が確認され、部会員1人が亡くなった。

 コンクールは、北海道の農林水産業の発展を目的に、住民が主体となった地域づくり活動を支援する取り組みで、2001年から2年に一度、実施している。今回は全道で13団体が優秀賞を受賞。この中から来年度、大賞が選考される。

 奨励賞には安平町の「北のなのはな会」が選ばれた。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...