北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

想定の4倍の利用者【浦河】

1周年を迎えた5日の「ありがとうカフェ」

 昨年3月にオープンした浦河町大通3の浦河ショッピングセンター・ミオ1階にある町運営の「まちなか元気ステーション」が5日、オープン1周年を迎え、感謝を込めた「『ありがとう』カフェ」を開催した。1年間の利用者は当初想定の延べ5250人の4倍近い1万9395人が来場した。高齢者から幼児を抱える世帯まで町民に欠かせない施設となっている。

 元気ステーションは、オープンカウンター方式の地域包括支援センターを設け、異世代の交流を促進する中心市街地活性化施設として開設。

 エアロバイクや振動マシーン、乗馬フィットネスなどトレーニングマシン。体脂肪率や血管年齢など健康状態を確認できる測定機器。スカットボール、ふまねっとなどのゲームで軽運動できる運動コーナー。幼児が遊ぶ木育遊具などがあるキッズコーナー、ボランティア団体などが低価格で飲食物を提供するオレンジ・カフェがあり、幼児から高齢者、障がい者らが集う憩いの場となっている。

 運動ゾーンでは健身気功体験や浦河高生徒による運動教室、活き活き運動など健康関連で年間約50回開催。カフェゾーンでは浦河赤十字看護学校生徒や浦高生、町内活動団体、ボランティアなど8団体が80回以上カフェを開催している。

 3日にはひなまつりイベントを開催し、お楽しみ抽選やさくらもちプレゼント、ひしもち型プリンの提供、みんなで作る折り紙ひな壇などに約200人が来場。

3日のひなまつりイベント

 5日の1周年にも大勢の来場者があり、手作りデザートや麺類各100円、お楽しみ体力測定などを体験した。

 担当の町保健福祉課の小林正樹課長は「たくさんの人に利用してもらい感謝したい。カフェの運営も自主的に工夫を凝らした飲食の提供で徐々に利用者が増えている」とし、2年目もたくさんのメニューを用意して来場者に健康維持や交流を深めてもらう考えだ。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...