北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

融雪剤散布が春を告げる光景・白樺カントリー倶楽部【名寄】

今シーズンのオープンに向け行われている融雪剤の散布作業

 名寄白樺カントリー倶楽部(吉田肇理事長)では、今シーズンのオープンに向け、融雪剤の散布作業を行っており、春の訪れを告げる光景となっている。

 同倶楽部は、1965年9月に開場。18ホール(6489ヤード、パー72)と練習場(50打席)を備えるゴルフ場。今年は4月13日をオープン目標に設定しており、融雪作業を急ピッチで進めている。

 今シーズンの融雪剤散布(コース内)は、昨年よりも5日ほど早い7日からスタート。1袋20キロ入りの融雪剤1000袋を用意。作業員が散布機に乗り込み、搭載している灰色の融雪剤を勢いよく噴射。煙のような細かい融雪剤が雪面に降り注ぎ、黒と白の鮮やかなコントラストを浮かび上がらせている。

 同倶楽部の加藤照美支配人によると、コース上の積雪は例年に比べ少なめ。深いところで約90センチとのことで、前年より30センチほど少ない。融雪剤の散布は3日から4日をかけて全コースを周り、その後の降雪状況をみながら数回実施することにしている。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...