北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市長選で青山陣営緊張高まる、川畑氏は市民の声反映へ【室蘭】

青山剛氏

川畑悟氏

 室蘭市長選の告示まで1カ月に迫った。道議選室蘭市区(定数2人)に出馬表明していた前道議の川畑悟氏(47)が、市長選に出馬する意向を固め、現職の青山剛氏(41)との一騎打ちの見通しとなった。青山氏の陣営は冷静に受け止めるが緊張が一気に高まり、市内の団体も動向を注視している。

 無投票3選が見込まれていた中で、青山後援会の荒谷信幸幹事長は「選挙戦があることを前提に着々と活動をしている」と冷静な受け止め。月内に予定する公約発表に向け詰めを急ぎ、支持者らを集めた「決起集会」の開催準備も進める。

 青山氏は現職として2期8年の実績を強みに「誇り輝く室蘭」を掲げ3選を目指す。公務の合間を縫って町会の会合に出席、商店街のあいさつ回りに励む一方、室蘭商工会議所の政治団体「日本商工連盟室蘭地区連盟」や連合室蘭などの推薦を受け、地元企業などの支持固めを図っている。

 川畑氏は、現市政への市民の不安、不満の声を聞き市長選に挑む。商店街振興やフェリー航路の活性化、市立室蘭総合病院の再評価を重点政策に据える見通しで、対立軸を明確にする。

 政党や組織に頼らない草の根で支持拡大を目指し個人、企業へあいさつ回りを本格化。住民との懇談会や政策要望会開催も計画する。同級生グループや企業、市OB、一部市議らが支援し、後援会幹部は「市民の反応は良い。不満を抱える市民が多い証拠」と手応えを語る。中央町に事務所を構える予定で、公約の取りまとめなど準備を進める。

 共産党など8団体による政治団体「明るい室蘭市政をすすめる会」の田口清英代表は「本気でまちの将来を考える政策論争を期待する」とし、2氏への推薦や支持は「質問状を送り返答を精査し判断する」考え。

 市民や一部市議、企業関係者から出馬を打診されていた室蘭工業大学教授の清水一道氏(57)は「大学の仕事も道半ばの状態」と固辞したことを明らかにした。

関連記事

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...