北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

中国スキー連盟複合ナショナルチームが合宿【名寄】

加藤市長を表敬訪問した中国複合ナショナルチームのリ団長=右から2人目=ら

 中国スキー連盟コンバインド(複合)ナショナルチームが、12日から名寄ピヤシリシャンツェ、なよろ健康の森クロスカントリーコースで合宿を行っており、技術を磨いている。同チーム団長のリ・シュトンさん、秘書のリュ・チンチンさんが14日に市役所名寄庁舎の加藤剛士市長を表敬訪問し、合宿受け入れに対する支援に感謝した。

 名寄での合宿は、2022年の北京五輪での活躍を目指した国を挙げての取り組み。リさんよると中国ではアルペン、クロスカントリー競技は普及しているもののコンバインドの歴史は浅く、コンバインドの中国ナショナルチームが誕生して今年で2年目という。

 中国国内では現在、ジャンプ台などの整備が進められている段階で、冬季は国外での合宿が中心となり、スロベニアを主に行ってきた経緯がある。李さんは「日本での合宿先を探していたところ、前日本スキー連盟コンバインド部長の成田収平さんから、名寄、下川を紹介してもらった」と、今回が日本での初合宿となった。

 また、名寄では例年、中国黒竜江省スキージャンプチームなどのジュニアメンバーが合宿を行っており、「練習環境に優れているという話は、以前から耳にしていた」という。

 合宿に訪れているのは、12歳から25歳までの選手28人と、コーチ、医師らスタッフ合わせて43人。前半は2月18日から3月11日まで下川を会場に実施。後半は12日から4月3日までの日程で、ピヤシリシャンツェ、健康の森を会場に練習に汗を流している。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...