北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

人材確保へ企業アピール 苫小牧市主催、就職説明会に30社-札幌

各企業ブースで担当者から説明を聞く来場者=14日午前11時、ロイトン札幌

 苫小牧市主催の合同企業説明会「苫小牧ワークフェア」が14日、札幌市内のホテルで開かれた。UIターン就職希望者や来春卒業予定の大学生らが来場。出展した苫小牧の企業30社が人材確保へ業務の特徴や職場環境などを熱心に紹介した。

 王子製紙苫小牧工場や清水鋼鐵など製造業を中心に金融機関、建設業、飲食業など多様な分野の企業が出展。会場に構えたブースで採用担当者らが事業内容や福利厚生、入社後の待遇などについて映像やパンフレットを使いながら説明に当たった。

 苫小牧市も移住促進のPRブースを出展。市の担当者は「仕事と暮らしの両面からアプローチすることで、将来が見通しやすくなるし、地元企業の人材確保の後押しにもつながる」と期待を込めて来場者にアピールした。

 苫小牧市在住で札幌市内の大学に通う女子学生(21)は「地元で生活する方が安心できるので、市内の企業に就職したい」とし、各ブースを熱心に訪問。室蘭市内の大学院生(23)は「働きやすさや企業の地域貢献度を見ながら就職先を決めたい」と話した。

 ホテル内の別会場では、道内企業30社以上が集まった他の合同企業説明会も開かれ、その相乗効果もあって苫小牧ワークフェアもにぎわいを見せていた。

 市は19年度も同フェアを継続開催し、地元企業にとって課題になっている人材確保を支援する。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...