北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

災害時電源にEV活用 ソフトバンク帯広中央【帯広】

 帯広市内のヒグマ(飛岡抗社長)が運営する携帯電話販売の「ソフトバンク帯広中央」(西8南1)は、災害時に地域住民が充電などで利用してもらえるよう、電気自動車(EV)を活用したバックアップ電源供給システムを独自に導入した。さらに長期間の停電に備え、電気を安定供給できるよう、帯広日産(帯広、村松一樹社長)との間で、送電で使う電気自動車を優先的に借りられる災害協定も結ぶ。

電気自動車から送電できる装置(右)を設置し、停電時のバックアップシステムを独自導入をPRする飛岡社長

 地域貢献などが目的で、飛岡社長は「営業継続のための電源確保や協定締結といった災害対策を代理店独自で行うのは珍しい」としている。

 導入したのは、電気設備・アサヒ電気(帯広、合田倫佳社長)が手掛ける、電気自動車の電力を社屋に供給するシステム。専用の送電装置や分電盤などを新たに設置し、停電時のバックアップ電源として、電気自動車からの電気を送る。電気自動車(リーフ)は社有車として所有していた。事業費は約130万円。

 暖房や給湯、事務所の電気、Wi-Fi・充電コーナーなどを稼働させられる。2月までに設置。同時に、長時間の停電を想定し、電気を十分に送電できるよう、電気自動車(リーフ)を期間限定で借りられるよう日産側とも合意、合田社長同席のもと、帯広日産と18日にも協定を結ぶ。

 飛岡社長は「昨年のブラックアウトを教訓に、有事の際、地域で役立てる店舗とすることを目標に準備を進めてきた。災害時の緊急避難先として気軽に活用してもらいたい」と話し、「(店舗の)差別化の一環でもある。将来的には、平時でも来店者向けに、電気自動車の充電ができるよう開放することも考えている」と展望している。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...