北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

小中学生スマホ所持率増加、家庭でルールを【室蘭】

市教委が作成した「室蘭市携帯・スマホ三ヶ条」を新規契約する小中学生に配布しているauショップ室蘭東町店

 室蘭市内の小中学校の卒業式が終わり、4月から始まる新生活を前に、スマートフォンを新規契約する小中学生が増えている。市教育委員会は小学4年生以上の児童、生徒に配布している「室蘭市携帯・スマホ3ヶ条」を下に「トラブルに巻き込まれないため、家庭で決めたルールを守って安全に使用して」と呼び掛けている。

 市教委が2017年度(平成29年度)に実施したスマホ、携帯所持率アンケートでは、小学4年生以上が36・9%、中学生が73・2%。所持率は年々上昇し、その分、トラブルが発生する確率も増加傾向。

 市教委では14年度から、児童・生徒がトラブルに巻き込まれないよう「携帯・スマホ三ヶ条」を各校で配布。三ヶ条には小学生向け、中学生向けの2種類があり①小学生は午後9時、中学生は同10時以降は自分の部屋に持ち込まない②学校へは持ち込まない③フィルタリングをかけてもらう―と明記されている。三つの項目を基に、各家庭でルールを決めて正しい使用を促している。

 「三ヶ条」はauショップ室蘭東町、同室蘭中島の両店でも小中学生の新規契約者に配布。室蘭東町店の坂本喜郎店長は「春休み期間中、小中学生の新規契約者がぐんと増えます。同店でもフィルタリングサービスの加入を奨励しています」と話す。

 室蘭署によると、これまでに小中学生が被害者になるような大きな事件は発生していないという。しかし、市教委にはコミュニケーションアプリ「LINE」で相手の悪口を送り、言い合いになるトラブルが発生していると報告が入っている。

 近年では、月々の使用料金が千円台でスマホを持つことができる「格安スマホ」の普及が進み、小中学生が手軽に使える環境にある。市内の中学校では、学級ごとにグループラインをつくり、生徒間で連絡事項をラインで流すという現状もあるそうで「スマホを持っていない人の方が少ない」状況。

 スマホは便利な道具。しかし、使い方を誤ると、学習や健康に悪影響を及ぼし、いじめなど児童・生徒間でのトラブルから不登校につながったり、ネット上の危険な事件に巻き込まれる可能性がある。児童・生徒を守るため、今後も各家庭、各学校で使用方法を見守る必要がある。

関連記事

根室新聞

未入力

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...