北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

良縁は「お寺」で、紋鼈寺で4月13日に街コン【伊達】

「お寺を人の縁をつくる場にしたい」と話す紋鼈寺の奥田正弘さんと妻の彩さん

 伊達市内の寺院が、男女の出会いの場づくりに乗り出した。かつて寺院が人の縁を育んできたことをヒントに「お寺de街コン」を開いている。定例のイベントにする考えで、人々とお寺が一層つながることにも期待している。

 会場は、末永町の浄土真宗本願寺派紋鼈寺。1890年(明治23年)に布教の許可を受けて以来、約130年の歴史ある寺院の本堂で、参加者は自己紹介に続いて2人一組になったトークや、極楽では向かい合って相手の口にご馳走を運び食べさせてあげる「極楽の箸」にちなんだゲームで打ち解けてもらう。スタッフが手ほどきするため、初めての人でも安心。自由に会話を楽しむ時間もある。

 「人の縁をつくる場に立ち返ろう」と、紋鼈寺の跡継ぎ・若院(じゃくいん)の奥田正弘さん(28)が企画した。龍谷大学大学院(京都)在学中に街コンを主催した経験があり、妻の彩さん(33)と二人三脚でボランティアによる実行委を昨年、立ち上げた。同年12月の初回イベントでは、市内外の男女20人以上が参加。夫婦漫才のような2人の掛け合いに参加者の緊張もほぐれ「落ち着いて話をすることができた」と好評だった。

 全国に普及した「街コン」は、地域経済の活性化が目的の場合も少なくない。「お寺de街コン」は、寺院の在り方を模索する場にもなっている。正弘さんは「人と人をつなぐ役割を担っていた寺院の原点に返り、出会いの素晴らしさを伝えるだけでなく、気軽に足を運べる場所にしたい」と話している。 

 次回のイベントは4月13日午後4時~同6時。20~40代の独身の男女、先着各10人を4月9日まで募集している。参加費は男女とも千円。

 問い合わせ、申し込みはメール(monbetsuji@gmail.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...