北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

開校向け準備着々 校名看板など設置 幕別清陵高【幕別】

校門前に立てられた幕別清陵高校の校名板

 4月開校の幕別清陵高校のプレートなどが26日午前、学びやとなる江陵高校に設置された。

 「北海道幕別清陵高等学校」と校名が記されたプレートと、「考・拓・愛」と幕別町内道立新設高校準備委員会の金久保義徳(天翆)委員長が揮毫(きごう)した校訓、校歌の3種類。校名板は門柱の右側に建てられ、校訓・校歌は体育館内と校長室に飾られた。

 午前9時から作業が始まり、校門前に金久保委員長の筆による校名が書かれた縦35センチ、幅180センチのプレートが設置された。同委員会の吉田光利責任者は「4月には校訓にもある『新たに拓いていく精神』を持った生徒がくる。この学校を選んでくれたことに感動し期待している」と話した。

 清陵高校で使われる校歌は幕別高校のもので、約60年前に作られた曲を札幌交響楽団の大平まゆみ氏が編曲した。十勝の四季が移ろうさまを表現した曲で、作詞した野上彰さんの娘の藤本ひかりさん(東京在住)が初お披露目となる4月9日の開校式に校歌を聴きに訪れる。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...