北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

早春の函館山散策 函館山花しるべな会【函館】

この時期に見られる冬芽について説明する藤島さん(右)

 函館山花しるべな会(藤島斉代表)は26日、春の息吹を求めて函館山を散策した。17人が参加。午前中はあいにくの雨模様となったが、この時期に出合える冬芽や早春の草花の姿を楽しんだ。

 毎年この時期にフクジュソウを探しに函館山を訪れている。今年は雪解けが早く、雪は一部に残っているが多くはなく、滑り止めがなくても歩きやすい。

 冬芽ではややピンクがかったオオカメノキ、雨露にぬれて光って見えるバッコヤナギ、特徴的なツノハシバミなど、さまざまな冬芽を満喫。キノコではベニチャワンダケや木の幹にびっしり張り付いたカワラタケを確認した。参加者は植物たちに「かわいいね」などと声を掛けながら春の息吹を楽しんでいた。

 藤島さんは「雪解けも1週間から10日は早い。雪の下で待っていた植物が出てくる時期だが、背の低い花は負けてしまうかも」と話し、「ゴールデンウイークの前半にはシラネアオイやカタクリなども咲き誇っているのでは」としている。

 同会では4月以降も毎月、函館山の散策を実施。次回は4月22、23の両日に開催。希望者は午前9時50分までに昼食、飲み物などを用意し、市地域交流まちづくりセンターに集合する。参加費は会員200円、一般500円。問い合わせは藤島さん(080・4046・3131)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...