北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

厚生病院に消防救急施設 隊員教育や災害時拠点【帯広】

4月に運用が始まるとかち広域消防局救急ワークステーション

 とかち広域消防事務組合(組合長・米沢則寿帯広市長)と帯広厚生病院(菊池英明院長)は27日、同病院で、「とかち広域消防局救急ワークステーション」の運営に関する協定を締結した。ワークステーションは帯広厚生病院に併設されており、4月から、消防救急隊員の教育や災害発生時の活動拠点として運用する。

 札幌、北見に続いて道内3カ所目。同病院の北側に位置し、救急車の車庫や仮眠室が設けられている。

 隊員の実習は、十勝圏メディカルコントロール協議会承認の研修カリキュラムで行う。医師の指導を受けるなど、より実践的な知識と技術の取得を目指す。

 車庫には救急車の予備車を配置し、車内での訓練も可能。大規模災害に備えて消防・医療機関の連携も強化し、災害発生時には同施設を拠点とする。

 とかち広域消防局によると、年間500時間以上の研修が実施される見込み。医療機械を搭載し、医師や看護師が同乗して現場へ直接出動する「ドクターカー」の運用も検討している。

協定書にサインし握手する米沢市長(左)と菊池院長

協定書を締結
 締結式では米沢市長と菊池院長が協定書にサインした。菊池院長は「ワークステーションを実現できてうれしく思う。地域の救急レベルをアップさせたい」とあいさつ。米沢市長は「広大な十勝で安定した住民サービスを提供できることが広域消防の強み。厚生病院と連携して安全・安心な地域づくりに取り組みたい」と述べた。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...