北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

厚生病院に消防救急施設 隊員教育や災害時拠点【帯広】

4月に運用が始まるとかち広域消防局救急ワークステーション

 とかち広域消防事務組合(組合長・米沢則寿帯広市長)と帯広厚生病院(菊池英明院長)は27日、同病院で、「とかち広域消防局救急ワークステーション」の運営に関する協定を締結した。ワークステーションは帯広厚生病院に併設されており、4月から、消防救急隊員の教育や災害発生時の活動拠点として運用する。

 札幌、北見に続いて道内3カ所目。同病院の北側に位置し、救急車の車庫や仮眠室が設けられている。

 隊員の実習は、十勝圏メディカルコントロール協議会承認の研修カリキュラムで行う。医師の指導を受けるなど、より実践的な知識と技術の取得を目指す。

 車庫には救急車の予備車を配置し、車内での訓練も可能。大規模災害に備えて消防・医療機関の連携も強化し、災害発生時には同施設を拠点とする。

 とかち広域消防局によると、年間500時間以上の研修が実施される見込み。医療機械を搭載し、医師や看護師が同乗して現場へ直接出動する「ドクターカー」の運用も検討している。

協定書にサインし握手する米沢市長(左)と菊池院長

協定書を締結
 締結式では米沢市長と菊池院長が協定書にサインした。菊池院長は「ワークステーションを実現できてうれしく思う。地域の救急レベルをアップさせたい」とあいさつ。米沢市長は「広大な十勝で安定した住民サービスを提供できることが広域消防の強み。厚生病院と連携して安全・安心な地域づくりに取り組みたい」と述べた。

関連記事

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...

室蘭民報

お薬フェア開催、お菓子を使って「調剤」体験【登別】

 北海道薬剤師会室蘭支部(上田薫支部長)主催の「お薬フェア2019in登別」が20日、中央町のショッピングセンター・アーニスで開かれ、訪れた市民は薬剤師の役割や薬の正しい使用法などを学んでいた。 ...

室蘭民報

小学生2個人2ペアが全国バドミントン大会出場へ【西胆振】

 西胆振の小学生バドミントン選手2個人2ペアが、徳島県で12月に行われる第28回全国小学生バドミントン選手権大会に出場する。道予選後は合同練習で互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、大舞台に備えてい...

室蘭民報

とんてん館寺子屋教室で木製コースターや焼き芋作りなど体験学習【室蘭】

 室蘭市陣屋町の市民俗資料館で20日、とんてん館寺子屋教室があり、参加した子どもや大人たちは木製コースターや焼き芋作りを楽しんだ。  教室は年5、6回、季節に合わせた体験学習を実施している。今...