北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

厚生病院に消防救急施設 隊員教育や災害時拠点【帯広】

4月に運用が始まるとかち広域消防局救急ワークステーション

 とかち広域消防事務組合(組合長・米沢則寿帯広市長)と帯広厚生病院(菊池英明院長)は27日、同病院で、「とかち広域消防局救急ワークステーション」の運営に関する協定を締結した。ワークステーションは帯広厚生病院に併設されており、4月から、消防救急隊員の教育や災害発生時の活動拠点として運用する。

 札幌、北見に続いて道内3カ所目。同病院の北側に位置し、救急車の車庫や仮眠室が設けられている。

 隊員の実習は、十勝圏メディカルコントロール協議会承認の研修カリキュラムで行う。医師の指導を受けるなど、より実践的な知識と技術の取得を目指す。

 車庫には救急車の予備車を配置し、車内での訓練も可能。大規模災害に備えて消防・医療機関の連携も強化し、災害発生時には同施設を拠点とする。

 とかち広域消防局によると、年間500時間以上の研修が実施される見込み。医療機械を搭載し、医師や看護師が同乗して現場へ直接出動する「ドクターカー」の運用も検討している。

協定書にサインし握手する米沢市長(左)と菊池院長

協定書を締結
 締結式では米沢市長と菊池院長が協定書にサインした。菊池院長は「ワークステーションを実現できてうれしく思う。地域の救急レベルをアップさせたい」とあいさつ。米沢市長は「広大な十勝で安定した住民サービスを提供できることが広域消防の強み。厚生病院と連携して安全・安心な地域づくりに取り組みたい」と述べた。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス