北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アンモナイト新種発見 日高、新冠両町境の里平地域-穂別博物館で公開

新種のアンモナイト化石。「メヌイテス・アーマータス」(左)、「パラゾレノセラス・リビラエンゼ」(中央)、「ネオフィロセラス・ノドサム」(右)

 むかわ町穂別博物館は26日、日高町と新冠町の境にある里平(りびら)地域で、白亜紀後期のカンパニアン期中後期(7千万~8千万年前)の地層から、3種の新種を含むアンモナイトの化石37種を発見したと発表した。同博物館や国立科学博物館(東京)などの調査チームによると、この時代のアンモナイト化石は極めて珍しく、進化を探る上で貴重な資料という。

 調査チームによると、札幌市に住むアマチュアのアンモナイト研究家伊豆倉正隆さん(64)が2009年、日高、新冠両町の境界に流れる里平川周辺で化石を発見。国立科学博物館の重田康成博士(55)と穂別博物館の西村智弘学芸員(40)が調査に加わり、約10年間かけて化石の種類などを調べてきた。

 その結果、直径1~40センチの大小さまざまな化石は37種と分かり、その中にこれまで確認されていない3新種が含まれていたことが判明。筒状や巻き貝のような新種の化石は、とげ、いぼの形状を語源とした「メヌイテス・アーマータス」と「ネオフィロセラス・ノドサム」、産地名の「里平」にちなんだ「パラゾレノセラス・リビラエンゼ」と名付けた。

 調査チームは種類の多さだけでなく、化石が見つかった地層も注目している。白亜紀のカンパニアン期中後期のアンモナイトの発見例は少なく、学術的にもほぼ空白期とされていたからだ。

アンモナイト化石の調査に当たった(左から)重田博士、伊豆倉さん、西村学芸員

 記者会見で重田博士は「非常に意義のある発見となった。アンモナイトがどのように進化したのかが分かってくるだろう」と語った。国外のアンモナイトと比較し、進化過程の共通性解明などにつながるものとして期待を寄せた。

 発見者の伊豆倉さんは「1人では調査できなかった。多くのアンモナイト化石を収蔵している穂別博物館に寄贈ができてうれしい」と話し、西村学芸員は「とても貴重な資料を多くの人に見てほしい」と述べた。

 穂別博物館は、寄贈された3新種を含む34種141点を「北海道のアンモナイト新研究2019 里平産アンモナイト」と題して27日から公開。6月2日まで続ける。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス