北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

郷土の画家・茂木幹さんの絵画展が開幕【根室】

茂木さんの孫、ひ孫も駆け付け作品を鑑賞した

 郷土を愛した画家「チヌカルコロ」こと故・茂木幹さんの絵画展が26日から、市総合文化館多目的ホールで始まった。昨年11月に閉館した明治町の「慟哭の森美術館」(桐澤享館長)が市へ寄贈した56点に加え、生涯友人だった中澤茂氏の小説などを一挙公開。31日午後3時まで展示している。

 絵画展は市文化協会役員を中心とした「茂木幹絵画展実行委員会」(宇佐美修一実行委員長=市文化協会長)が、市総合文化会館の所蔵作品となった茂木さんの遺作を市民へ公開しようと企画した。

 初日は午後から開会セレモニーが開かれ、宇佐美実行委員長が茂木さんの画歴を紹介したほか、石垣雅敏市長が「茂木さんが表現した根室を一人でも多くの方に見てもらいたい」とあいさつ。茂木さんの長女・藍根さん(79)と、夫で元慟哭の森美術館館長の享さん(83)らのテープカットで幕を開けた。

 展示しているのは、同美術館が市へ寄贈した遺作56点をはじめ、市総合文化会館が所蔵する「秋」(1957年頃)、市図書館が所蔵する「向日葵」(1961年頃)のほか、中澤さんの小説など10点、生前親交のあった芸術家との手紙やはがき数点。茂木作品の画風を象徴する「慟哭の樹」(1958年頃)をはじめ、生前営んでいた歯科医院内で描いたとみられる人物画の「庭」(1939年頃)などが並んでいる。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...