北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

祝津ふ頭の機能強化、19年度事業予算460億円【室蘭】

19年度から長寿命化に着手する室蘭港祝津ふ頭

 室蘭開発建設部は29日、2019年度の事業予算を発表した。総事業費は約460億円で前年度比1%増加した。室蘭市が要望を強めていた、室蘭港の祝津ふ頭の予防保全事業(老朽化対策)に3億8千万円を新規計上した。数年間をかけて、貨物船大型化に対応した岸壁の延伸などを行う。市は豪華客船の寄港も視野に入れている。

 同岸壁は1981年(昭和56年)、コールセンター(石炭中継基地)として整備された。東北電力向けのストックヤードとして一時は年間89万トンの取り扱いを誇ったが、同社向けは2003年度(平成15年度)で終了した。

 現在は、毎年の石炭輸入がほぼない状況が続いており、新日鉄住金が先物買いした石炭が一部積まれるほか、スクラップ2社が利用するのみで、市は同ふ頭の機能転換を検討している。

 室蘭開建や室蘭市によると、現在の祝津ふ頭は延長370メートル、水深10メートル。老朽化が課題の一方、同岸壁を利用している貨物船の大型化も進んでいることから、岸壁延伸と水深を深くする内容での更新工事を要望してきた。

 今回の予防保全事業は、岸壁延長を現在より40メートル延ばして410メートルに見直すほか、水深も1メートル深くする計画。老朽化した鋼材の打ち替えなども行う。初年度は詳細設計に加え、工事着手までを予定している。

 貨物船大型化に対応した事業推進により、「結果として大型客船の寄港も可能になる」。ロケーションも素晴らしいことから、市は祝津ふ頭の客船利用の可能性についても検討を進めていく考えだ。

 東平伸副市長は「市長のトップセールスをはじめとした要望が、国に認められた。今後、整備を着実に進めていきたい」と話している。

 室蘭開建の事業費内訳は治水99億8600万円(前年度比48%増)、海岸12億700万円(同256%増)、道路255億1600万円(同5%増)、港湾整備38億5900万円(同14%増)、都市水環境整備5400万円(同ゼロ)、農業農村整備21億7400万円(同74%減)、水産基盤整備32億5100万円(同40%増)。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...