北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ふまねっとサポーター養成【日高】

ふまねっと運動を体験する受講者

【日高】日高、門別両地域包括支援センター主催の「ふまねっと運動サポーター養成講座」が26日、富川公会堂で(富川南1)で開かれ、12人の町民が受講した。

 高齢者の歩行機能と認知機能の改善効果が期待できる「ふまねっと運動」の体験と指導方法の講座で、講師は認定NPO法人(札幌市白石区)人材養成主任の佐藤美智子さん。

 ふまねっとは、北沢利一北海道教育大釧路校教授が考案。50㌢四方のマス目でできた大きなあみを床に敷き、このあみを踏まないようにゆっくり慎重に歩く運動。

 筋力向上を目指す従来型の運動プログラムではなく、歩行時のバランスや認知機能改善効果が期待できる。

 単に歩くだけでなく、①マス目の端を踏まないように注意する②ステップを覚える③手拍子を加える④歌に合わせる―といった課題を少しずつ追加して学習しながら歩く。

 自己紹介のあと、足踏みしながら繰り返すグー・パーや拍手も加えて“手遊び”。足首から太もものマッサージで入念に身体をほぐし深呼吸して準備運動。

 簡単な“ウォーミングアップステップ”から拍手など複雑な動きを取り入れた“課題ステップ”を繰り返し、仕上げは「ぞうさん」の童謡に合わせ、ハイタッチで締めくくった。

 「間違っても気にしないで」と明るく声掛けする佐藤さんの軽快な手拍子に合わせ、受講者たちは「教える立場からのレッスンは初めて」とノリノリの雰囲気でふまねっと指導法をマスターしていた。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...