北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ふまねっとサポーター養成【日高】

ふまねっと運動を体験する受講者

【日高】日高、門別両地域包括支援センター主催の「ふまねっと運動サポーター養成講座」が26日、富川公会堂で(富川南1)で開かれ、12人の町民が受講した。

 高齢者の歩行機能と認知機能の改善効果が期待できる「ふまねっと運動」の体験と指導方法の講座で、講師は認定NPO法人(札幌市白石区)人材養成主任の佐藤美智子さん。

 ふまねっとは、北沢利一北海道教育大釧路校教授が考案。50㌢四方のマス目でできた大きなあみを床に敷き、このあみを踏まないようにゆっくり慎重に歩く運動。

 筋力向上を目指す従来型の運動プログラムではなく、歩行時のバランスや認知機能改善効果が期待できる。

 単に歩くだけでなく、①マス目の端を踏まないように注意する②ステップを覚える③手拍子を加える④歌に合わせる―といった課題を少しずつ追加して学習しながら歩く。

 自己紹介のあと、足踏みしながら繰り返すグー・パーや拍手も加えて“手遊び”。足首から太もものマッサージで入念に身体をほぐし深呼吸して準備運動。

 簡単な“ウォーミングアップステップ”から拍手など複雑な動きを取り入れた“課題ステップ”を繰り返し、仕上げは「ぞうさん」の童謡に合わせ、ハイタッチで締めくくった。

 「間違っても気にしないで」と明るく声掛けする佐藤さんの軽快な手拍子に合わせ、受講者たちは「教える立場からのレッスンは初めて」とノリノリの雰囲気でふまねっと指導法をマスターしていた。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...