北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

バニラ・エア最終運航 就航から約2年で20万人超が利用【函館】

函館へ向かうJW953便の乗客を見送るバニラエアの社員ら=30日、成田空港で(提供)

 格安航空会社(LCC)バニラ・エア(千葉県)の函館―成田線が30日、最終運航を迎えた。  函館と成田を結ぶ定期便として、1日1往復運航。最終日となるこの日は、往路(成田―函館)で142人、復路(函館―成田)で145人が搭乗した。

 同社によると、2017年2月19日の運航開始から最終30日までの総運航便数は1448便、総提供座席数は26万640席で、旅客総数は20万1175人。井上慎一社長は「運航開始からこれまで20万人を超えるお客さまにご搭乗いただいたことに感謝したい」としたうえで、LCCのピーチ・アビエーション(大阪府)との経営統合が進む中、「函館が魅力ある就航先であることは変わらない。引き続き地元自治体などと連携し道内就航地点について、函館を含め検討したい」とした。

 首都圏から観光客を呼び込むうえで重要な路線だったことから、地元経済界からは運休を惜しむ声もあがっている。函館商工会議所の久保俊幸会頭は「寂しい限りだが、バニラとピーチが一つになって新しい形になるので、運航再開を期待している。新幹線と同じく航空路線も重要。市と協調し、路線開設への陳情や支援策を考えていきたい」としている。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...