北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夜の街 馬車悠々 「BAR」開始へ公開運行【帯広】

夜の帯広市街地で行われた観光馬車の公開運行

 帯広市中心市街地を夜間に周遊する観覧馬車「馬車BAR」の公開運行が3月31日夜、行われた。実施する「十勝シティデザイン」(帯広、坂口琴美社長)は、人が乗るワゴン部分の完成などを待ち、今月中旬の運行開始を予定している。

 コースは同社が運営する「ホテル・ヌプカ」前を発着点に、北の屋台がある西1条通から広小路、西2条(平原通)を通って再び北の屋台前から広小路を抜け、西3条を回って戻る約2キロ。40~50分かけ車道を走り、乗客はクラシカルな内装の2階建てワゴンの中で、同社の十勝産麦芽100%「旅のはじまりのビール」などを味わえる。

 中心市街地の活性化が狙い。同社は、ばんえい競馬出身のベテラン厩務(きゅうむ)員を招へいし、元ばん馬の引き馬1頭(ムサシコマ)の調教に当たってきた。3月に入り、ばんえい競馬からワゴン部分を借り受け、路上練習を重ねてきた。

 この日は午後7時半から、同社の創業者で弁護士の柏尾哲哉氏や坂口社長らが見守った。道行く人が携帯電話で写真撮影をするなど注目を浴び、柏尾氏は「街の風景を変えるというコンセプト通り。ホテルとのセット企画など続けられる仕組みも構築したい」とした。

 運行料金体系などは現在検討中で、同社のフェイスブックなどで随時情報発信していく。

関連記事

室蘭民報

伝統の魅力伝える62点…アイヌ刺しゅうの作品展【白老】

 白老町内のアイヌ文様刺しゅうサークル「チシポの会」(石井シゲ代表)による作品展が末広町のしらおいイオル事務所チキサニで開かれており、アイヌ文様刺しゅうを施した62点が並んでいる。  着物やタ...

室蘭民報

連盟50周年記念兼ね6月23日に春の吹奏楽祭【苫小牧】

 苫小牧吹奏楽連盟は23日午前10時から、苫小牧市民会館で、第8回春の吹奏楽祭を開催する。同連盟創立50周年の記念イベントも兼ねており、27団体が日ごろの活動の成果を発表する。  当日は同連盟...

十勝毎日新聞

21日「eスポーツ」大会 スカイアース応援 熱中小【更別】

 eスポーツ大会「ウイニングイレブンforスカイアース」が21日午後7時から、十勝さらべつ熱中小学校で開かれる。参加者を募集している=写真。  キャンピングカーのレンタルサービスを行うVan...

室蘭民報

撮りフェス実行委が輪西でシャッター試験上映【室蘭】

 撮りフェスin室蘭2019(同実行委主催)が開かれる7月6日夜、輪西町商店街で同時開催するシャッター上映会の詳細が明らかになった。プロジェクター6台を駆使し、にぎやかだった時代の輪西の歩行者天...

室蘭民報

全国ものづくりコン道予選、工業高生ら技能競う【室蘭】

 ものづくりの技能や技術の向上を目的にした、第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会の木材加工部門北海道地区予選会が18日、室蘭市宮の森町の室蘭工業高校であった。室工をはじめ道内9校の代表生徒...