北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「平成館」オープン 国際交流拠点に【鹿追】

テープカットする関係者。左から町民代表の田中稔さん、埴渕賢治町議会議長、吉田町長、上嶋隆夫町地域間交流推進協議会委員、臼井あや子町国際交流協議会委員

 鹿追町の国際交流センター「平成館」(町新町1)のオープニングセレモニーが5日、同館で行われた。町国際交流協議会委員や町議ら関係者約30人が参加し、新施設の完成を祝った。

 テープカットの後、吉田弘志町長が「町民が気楽に立ち寄れる場所として、皆に愛される施設にしていきたい」とあいさつ。参加者は喫茶室でコーヒーを飲み、館内を見学した。

 同館は、2017年5月に閉店した飲食店「海老金」だった建物を改修し、カフェや国際姉妹都市カナダ・ストニープレインとの交流の歴史を紹介する展示室などを整備した。

 アートロード商店街に位置し、木造平屋で敷地348.7平方メートル。改修費は約4900万円。1985年に姉妹都市締結を交わした際の盟約書や絵画など、ストニープレインに関する記念品100点以上を展示している。コーヒーやジュースを提供するカフェ、町民らが利用できるゲストルーム、談話室など7室を整備した。参加者は「親しみやすくほっと一息付ける施設で利用しやすい」と話していた。

 展示室は午前9時~午後5時。カフェの営業は午前10時~午後4時。問い合わせは平成館(0156・67・7535)、または役場企画財政課企画係(0156・66・4032)へ。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...