北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「平成館」オープン 国際交流拠点に【鹿追】

テープカットする関係者。左から町民代表の田中稔さん、埴渕賢治町議会議長、吉田町長、上嶋隆夫町地域間交流推進協議会委員、臼井あや子町国際交流協議会委員

 鹿追町の国際交流センター「平成館」(町新町1)のオープニングセレモニーが5日、同館で行われた。町国際交流協議会委員や町議ら関係者約30人が参加し、新施設の完成を祝った。

 テープカットの後、吉田弘志町長が「町民が気楽に立ち寄れる場所として、皆に愛される施設にしていきたい」とあいさつ。参加者は喫茶室でコーヒーを飲み、館内を見学した。

 同館は、2017年5月に閉店した飲食店「海老金」だった建物を改修し、カフェや国際姉妹都市カナダ・ストニープレインとの交流の歴史を紹介する展示室などを整備した。

 アートロード商店街に位置し、木造平屋で敷地348.7平方メートル。改修費は約4900万円。1985年に姉妹都市締結を交わした際の盟約書や絵画など、ストニープレインに関する記念品100点以上を展示している。コーヒーやジュースを提供するカフェ、町民らが利用できるゲストルーム、談話室など7室を整備した。参加者は「親しみやすくほっと一息付ける施設で利用しやすい」と話していた。

 展示室は午前9時~午後5時。カフェの営業は午前10時~午後4時。問い合わせは平成館(0156・67・7535)、または役場企画財政課企画係(0156・66・4032)へ。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス