北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農水省が「なつぞら」解説 酪農の豆知識 HPに【十勝】

農水省が発信する「なつぞら」独自解説

 農林水産省は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」を独自解説し、ストーリーに関わる酪農・畜産の豆知識をホームページ(HP)で発信している。同省が朝ドラを解説するのは異例で、なつぞらの高い注目度がうかがえる。

 なつぞらは酪農シーンが登場することから、多くの人に酪農の魅力を知ってもらおうと企画。「今日の『なつぞら』畜産部解説」と題し、1週目は「牛乳はおいしい」「牛は何を食べるの?」などを取り上げた。  幼少期のヒロイン奥原なつ(粟野咲莉)が柴田泰樹(草刈正雄)とアイスクリームを食べ、涙を流すシーンが印象的だった第4話では、アイスの歴史を紹介した。

 日本初のアイス「あいすくりん」は明治2(1869)年に発売され、大正時代半ばから家庭で食べられるようになったと説明。なつぞらの舞台の昭和20~30年代はカップアイスやアイスクリームバーが商品化され、子供たちに大人気となり始めた時代とした。「あいすくりん」の値段は50銭で、「当時の白米10キロが55銭という記録があり、まさに高嶺の花だったと言えるでしょう」と解説した。

 同省畜産部は「職員が朝ドラを見て面白いと感じた独自解説を、今後も随時発信する」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

食への思い語り合う フード&ワインフェスプレトーク【帯広】

 北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019(実行委主催)のプレ・トークセッションが24日午後5時から、帯広市内の十勝農園(西1南9)で開かれた。  ハワイで開催されるイベントの十勝版で、...

十勝毎日新聞

目指せ十勝ワインバイザー 26人が筆記や試飲【池田】

 十勝ワインの普及や愛飲者拡大を目的とする「第16回十勝ワインバイザー認定試験」(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所主催)が23日、町田園ホールで開かれた。  年1回実施。今回は神奈川県や愛知県など...

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...