北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恐竜たいやき復活 いっぷく堂、仮設店舗で再開-むかわ

仮設店舗で営業を再開して恐竜たいやきを作る工藤さん

 昨年9月の胆振東部地震で自宅兼店舗が全壊したむかわ町のたい焼き店「いっぷく堂」が10日、町松風の仮設店舗で7カ月ぶりに営業を再開した。待ちわびた人たちが絶え間なく訪れ、名物の「恐竜たいやき」を買い求めていた。

 元の店舗は仮設店舗と同じ町松風にあり、新聞販売店に併設する形で2015年7月にオープン。店主の工藤弘さん(65)が新聞販売をしながら、たい焼きを作ってきた。

 工藤さんは穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜の化石「むかわ竜」(通称)を応援する「町恐竜ワールドセンター」の代表も務めている。むかわ竜を盛り上げようと昨年7月に、むかわ竜を模した生地にマヨネーズで味付けした鶏肉を入れた「恐竜たいやき」を考案。しかし地震で自宅兼店舗が全壊し、恐竜たいやきの型枠も壊れた。

 仮設店舗では先に新聞販売店を再建して、併設するいっぷく堂の営業再開に向けて準備を進めてきた。壊れた型枠は特注だったが、製造した業者が工藤さんの現状を知り、原価で販売してくれたという。

 営業再開を聞きつけて常連客が早速訪れた。町内に住む団体職員の奥野恵美子さん(60)は「被災した店舗の営業再開は町のにぎわいにつながるので、これからも応援していきたい」と話していた。

 工藤さんは「たい焼きを楽しみにしている人がいるので、再開できてほっとしている。長くやり続けていきたい」と笑顔を見せていた。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス