北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

恐竜たいやき復活 いっぷく堂、仮設店舗で再開-むかわ

仮設店舗で営業を再開して恐竜たいやきを作る工藤さん

 昨年9月の胆振東部地震で自宅兼店舗が全壊したむかわ町のたい焼き店「いっぷく堂」が10日、町松風の仮設店舗で7カ月ぶりに営業を再開した。待ちわびた人たちが絶え間なく訪れ、名物の「恐竜たいやき」を買い求めていた。

 元の店舗は仮設店舗と同じ町松風にあり、新聞販売店に併設する形で2015年7月にオープン。店主の工藤弘さん(65)が新聞販売をしながら、たい焼きを作ってきた。

 工藤さんは穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜の化石「むかわ竜」(通称)を応援する「町恐竜ワールドセンター」の代表も務めている。むかわ竜を盛り上げようと昨年7月に、むかわ竜を模した生地にマヨネーズで味付けした鶏肉を入れた「恐竜たいやき」を考案。しかし地震で自宅兼店舗が全壊し、恐竜たいやきの型枠も壊れた。

 仮設店舗では先に新聞販売店を再建して、併設するいっぷく堂の営業再開に向けて準備を進めてきた。壊れた型枠は特注だったが、製造した業者が工藤さんの現状を知り、原価で販売してくれたという。

 営業再開を聞きつけて常連客が早速訪れた。町内に住む団体職員の奥野恵美子さん(60)は「被災した店舗の営業再開は町のにぎわいにつながるので、これからも応援していきたい」と話していた。

 工藤さんは「たい焼きを楽しみにしている人がいるので、再開できてほっとしている。長くやり続けていきたい」と笑顔を見せていた。

関連記事

根室新聞

シーサイドマラソン 景色楽しみ快走 味覚も満喫【根室】

 第3回「最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」(根室市、市教委、釧路地方陸上競技協会主催)は18日、青少年センター前をスタート・ゴールとするハーフなど5種目で行われ、道内外から参...

根室新聞

大学ジャズ研の合宿誘致 夏の練習を涼しいまちで【根室】

 根室市移住交流促進協議会の新たな取り組み「大学サークル等誘致事業」の第一弾が23日、東京電機大学モダンJAZZ研究会の受け入れで始動する。同研究会は別当賀夢原館で3泊4日の合宿を行い、25日...

根室新聞

初の「うみっこ祭り」にぎわう【根室】

 根室海洋少年団(矢川和幸団長)は、18日午前10時から根室海上保安部駐車場などを会場に「根室うみっこ祭り」を初開催した。会場ではカヌー体験や縁日コーナーなどが設けられ、訪れた家族連れなどが楽しむ...

日高報知新聞

「ベラルーシ」で国際交流【日高】

【日高】北海道代表として白(ハク)ロシアのベラルーシ共和国への友好派遣団に参加した富川高生の報告会が16日、同高体育館で開かれた。  東京電力福島第1原発事故後の翌2012年(平成24年)に始ま...

日高報知新聞

水森かおりさんが美声披露【えりも】

【えりも】えりもの夏恒例の「第46回えりもの灯台まつり」が14~16日、本町の灯台公園を主会場に開かれ、観光客やお盆の帰省客を含む2万1000人(実行委発表)が来場して、歌謡ショーや郷土芸能、バンド...