北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭市長選決戦前日、両陣営とも必勝・安全祈願【室蘭】

 室蘭市長選はきょう14日、告示される。ともに無所属で、3選を目指す青山剛氏(41)と新人で元道議の川畑悟氏(47)が立候補を表明しており、現職と新人による一騎打ちとなる見通しだ。13日は両陣営とも神社で必勝・安全祈願した。青山市政の継続か刷新か―。かじ取り役は21日に投開票され、決定する。(順不同)

青山剛氏

選対本部関係者と必勝祈願する青山氏(中央)=13日午前11時37分、中嶋神社

 青山氏は午前に中嶋神社で選挙対策本部関係者約30人と訪れ必勝祈願した。「選対の皆さんがしっかり準備している。いま一度誇り輝く室蘭の政策を1人でも多くの市民に訴え、勝利を勝ち取りたい」と述べた。

 午後は事務所で遊説ルートなど初日の動きを確認。室蘭工業大学の女子学生らが加わる遊説隊に「楽しく元気いっぱい遊説しよう」と激励した。この後、市内団体の交通安全行事や病院の新人歓迎会などに顔を出し「決戦」に備えた。

 告示日の14日は午前10時に中島町の選対本部事務所前で出陣式を行い第一声を放ち、市内全域を遊説する。

川畑悟氏

告示を前に遊説場所の最終確認をする川畑氏=13日午前11時15分、旧絵鞆小

 川畑氏は午前9時から海岸町の室蘭八幡宮で選挙カーの安全祈願。事務所に戻ってから道の駅みたら室蘭で支持を呼び掛けたほか、祝津町の商店街に顔を出した。

 昼食後は市内の老人ホームを回った。事務所にいる間も支援者が訪れ「大変だと思うけど頑張ってください」「みんな期待していますよ」と激励したり、信号待ちの車中から市民が「川畑さーん」と手を振り応援する様子が見られた。

 きょう14日は市選管に自ら書類を提出。手続き終了後に中央町の後援会事務所前で出陣式。その後、浜町通りで第一声を放つ予定だ。

主な遊説日程

14日

 ■青山剛氏
 ▽午前10時 出陣式(中島町)
 ▽11時 母恋周辺
 ▽11時半 中央町
 ▽正午 祝津町
 ▽午後1時 中島町
 ▽2時 幌萌町
 ▽3時 白鳥台
 ▽4時 八丁平
 ▽5時 水元町
 ▽6時 日の出町
 ▽6時半 市議演説高砂町会館

 ■川畑悟氏
 ▽午前8時半 出陣式(中央町)
 ▽9時半 旧絵鞆小学校前
 ▽10時半 白鳥台ショッピングセンター・ハック前
 ▽午後2時 八丁平
 ▽2時半 モルエ中島前
 ▽3時 中島コンソーシアム前
 ▽3時半 弥生ショッピングセンター前
 ▽4時 市民会館前
 ▽5時 地球岬小学校前

15日

 ■青山剛氏
 ▽午前6時半 日本製鉄中島正門門立ち
 ▽9時 中島町
 ▽10時 長崎屋室蘭中島店前
 ▽10時半 天神町
 ▽11時 市議演説水元町会館
 ▽正午 室蘭工業大学生協前
 ▽午後1時 中島町
 ▽1時半 室蘭信用金庫高砂支店前
 ▽2時半 日の出町
 ▽3時 コープさっぽろ東むろらん店前
 ▽3時半 寿町
 ▽4時 東室蘭駅西口前
 ▽4時半 中島町
 ▽5時 モルエ中島前
 ▽6時 市議演説・絵鞆町会館、旧武揚小学校

 ■川畑悟氏
 ▽市内全域

 ※いずれも変更の可能性あり

室蘭市議選の各陣営、準備抜かりなし

 室蘭市議選に立候補を予定する現職、新人計23人の各陣営は13日、選挙カーの点検や遊説場所の最終確認をはじめ個人演説会の日程に、企業や町内会訪問の時間調整など、告示日前日らしい動き。市内各所に設けられた各陣営の選対事務所では、7日間の決戦に向けて慌ただしさを増していた。

 今回の市議選は、人口減や子育て対策、地域経済の活性化と、地域医療の将来、次世代を見据えたまちづくり―など、市民生活に直結した地域課題への対応なども問われている。一方、前回選挙時から定数が1減となる影響などで、少数激戦となる様相だ。

 蘭東地域に選対事務所を構えた現職陣営は、朝からスタッフが集まり、出陣式の進行や、選挙カーに積み込む備品などを確認。準備に余念がないが、陣営幹部は「感触が見えず、非常に厳しい戦い。まずは票を固め、実績を訴え、票を積み上げたい」と気を引き締めていた。

 一方、初当選を目指す新人陣営では、遊説隊によるアナウンス原稿や、候補予定者を交えて第一声の内容について打ち合わせ。「『新しい風を』と期待の声を感じる。初々しい姿だけでなく、政策もしっかりと強調したい」(陣営幹部)。初の戦いに向けて熱を帯びていた。

 各候補予定者はきょう14日、市選管への届け出が済み次第、事務所前などで第一声を放ち、市内全域を遊説する。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...