北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アポイ岳山開き安全祈願【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)の山開きと登山口のアポイ山麓ファミリーパークが13日オープンし、町と町観光協会は安全祈願祭でシーズン中の無事故と無災害を願った。

 アポイ岳は国の特別天然記念物指定の高山植物群落があり、4月のこの時期、8合目から上はまだかなりの雪が残る。大型連休以降から本格的な登山シーズンを迎え、春から夏秋にかけヒダカソウやエゾコウゾリナほか、同岳だけで見られる固有種を含め貴重で多彩な高山植物が花開く。

 平成27年秋に同岳を中心とした一帯がアポイ岳ユネスコ世界ジオパークとして認定を受けてから、登山者も1万人弱にまで増加。ただ、昨年は天候不順や9月の胆振東部地震などの影響で、登山客は2000人ほど減少(2018年登山簿記入者7151人)しているという。

 山麓にはジオパークの拠点となるアポイ岳ジオパークビジターセンターがあり、周辺にキャンプ場やゴーカートなど家族がそろって楽しめるファミリーパークが広がっている。

 祈願祭には坂下一幸町長をはじめ、日高振興局や浦河警察署、町議、陸自静内駐屯地、町商工会、自然保護監視員、ボランティアサークルなどから約30人が出席。ビジターセンター横の「幸せをもたらすアポイの鐘」の前で神事による祈願を行い、出席者が祭壇に玉ぐしをささげシーズン中の無事故を願った。

 祈願祭後、坂下町長は「無事故でシーズンを終える事を願うが、町が対応できない場合は協力を」と参加者に要望。また、「様似町は地球から素晴らしい宝物をいただいており、ジオパークとして取り組んでいるが、今年は夏ごろに4年に一度の世界ジオパーク再認定審査がある」と説明。昨年の日本ジオパーク再認定審査でジオパークの取り組みに課題ありとして「条件付き再認定(2年間)」のイエローカードを受けているため、坂下町長は「ジオパークに関しては宿題を出され、課題の改善を図りたい」と話した。

 アポイ岳の残雪は例年より多く、この日の登山者は少なかったが、今年の4月末~5月上旬の大型連休は例年になく休日が多く、にぎわいそうだ。

シーズン中の無事故を祈願する坂下町長ら関係者

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...