北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「牛乳のひみつ」十勝舞台 よつ葉や管内牧場モデル 学研の漫画【札幌】

十勝が舞台となった「牛乳のひみつ」

 学研プラス(東京)はよつ葉乳業(札幌、有田真社長)の取材協力を得て、小学生向け漫画学習教材「牛乳のひみつ」を発刊した。漫画の舞台は十勝で、管内の酪農家もモデルとして登場している。

 学研プラスの「まんがでよくわかるシリーズ」の154作品目。主人公の小学5年の少年が、幼なじみの少女の父親が経営する十勝の酪農家を夏休みに訪れ、酪農や牛乳について学ぶというストーリー。酪農家として、幕別町忠類の高野牧場、士幌町の永森牧場、佐々木牧場、牛乳工場としてよつ葉乳業十勝主管工場(音更)がモデルで登場する。

 酪農家の仕事や飼養形態の違い、牛乳ができるまでの工程、餌や季節などによって牛乳の味が違うことなどを分かりやすく紹介。依田勉三率いる晩成社による十勝開拓の歴史についても触れている。現在の大樹町で晩成社の牧場を開き、14頭の牛の飼育を始め、牛肉やバターを販売したとし、依田が「十勝酪農の祖」として知られていると説明している。

 十勝管内の8農協が中心となって設立した「北海道協同乳業」が前身のよつ葉乳業の成り立ちも紹介し、創業者の故太田寛一氏(元JA士幌町組合長、元ホクレン・全農会長)も登場する。

 よつ葉乳業総務広報グループの東原輝昭部長は「酪農の基本知識や、生乳が乳業工場に入って牛乳・乳製品になる一連の流れを理解してもらえれば」と話している。

 一般発売はせず、全国の小学校や公立図書館に2万5500冊を寄贈し、3月末から順次配架している。5月にはインターネット上でも閲覧できるようになる予定。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...