北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「牛乳のひみつ」十勝舞台 よつ葉や管内牧場モデル 学研の漫画【札幌】

十勝が舞台となった「牛乳のひみつ」

 学研プラス(東京)はよつ葉乳業(札幌、有田真社長)の取材協力を得て、小学生向け漫画学習教材「牛乳のひみつ」を発刊した。漫画の舞台は十勝で、管内の酪農家もモデルとして登場している。

 学研プラスの「まんがでよくわかるシリーズ」の154作品目。主人公の小学5年の少年が、幼なじみの少女の父親が経営する十勝の酪農家を夏休みに訪れ、酪農や牛乳について学ぶというストーリー。酪農家として、幕別町忠類の高野牧場、士幌町の永森牧場、佐々木牧場、牛乳工場としてよつ葉乳業十勝主管工場(音更)がモデルで登場する。

 酪農家の仕事や飼養形態の違い、牛乳ができるまでの工程、餌や季節などによって牛乳の味が違うことなどを分かりやすく紹介。依田勉三率いる晩成社による十勝開拓の歴史についても触れている。現在の大樹町で晩成社の牧場を開き、14頭の牛の飼育を始め、牛肉やバターを販売したとし、依田が「十勝酪農の祖」として知られていると説明している。

 十勝管内の8農協が中心となって設立した「北海道協同乳業」が前身のよつ葉乳業の成り立ちも紹介し、創業者の故太田寛一氏(元JA士幌町組合長、元ホクレン・全農会長)も登場する。

 よつ葉乳業総務広報グループの東原輝昭部長は「酪農の基本知識や、生乳が乳業工場に入って牛乳・乳製品になる一連の流れを理解してもらえれば」と話している。

 一般発売はせず、全国の小学校や公立図書館に2万5500冊を寄贈し、3月末から順次配架している。5月にはインターネット上でも閲覧できるようになる予定。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...