北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「白鳥大橋の父」猪瀬氏の生涯つづる、伏木さんが私家本を発刊【室蘭】

「白鳥大橋の父」と呼ばれた初代室蘭開発建設部長の猪瀬寧雄氏の生涯と功績をつづった私家本を発刊した伏木さん

 室蘭市八丁平の郷土史研究家、伏木晃さん(76)が「白鳥大橋の父」と呼ばれた初代室蘭開発建設部長の猪瀬寧雄氏(1908~81年)の生涯と功績をつづった私家本第8弾を発刊した。伏木さんは「大橋の構想者で、橋梁(きょうりょう)工事の大家として偉大な足跡を残したパイオニア。そのロマンと人間ドラマを多くの人に知ってほしい」と話している。

 猪瀬氏は奈良県出身。東京帝国大学工学部土木科卒。千葉県庁や旧内務省に勤務し、第2次大戦中は中国に渡り、中国大陸の総合開発に参画した。終戦で帰国し、旧建設省土木試験所で研究所技官を務めた。1951年(昭和26年)、北海道開発局が創設されると同時に、初代室蘭開発建設部長に就任、約5年間務めた後、北海道開発局長、旧北海道開発庁事務次官となった。

 室蘭に着任してすぐ「天然の良港を将来も生かすには横断橋が必要だ」と感じ、ひそかにサークル都市構想を練った。当時の熊谷綾雄市長と「夢の話」として語り合っていたところを本紙の記者がいち早くキャッチ。55年の元日付新年号で「私の初夢」と題した猪瀬氏の随筆寄稿文を掲載した。これが市民の大きな反響を呼び、関係機関を巻き込んで飛躍した。

 鉄冷えの不況でまちが沈滞ムードの中、市民の夢と期待が集まった白鳥大橋は85年、ついに建設着工が実現。98年に開通した。猪瀬氏は完成を見ずに亡くなったが、「白鳥大橋の生みの親」「白鳥大橋の大恩人」と賛辞が贈られた。「猪瀬寧雄さんを偲(しの)んで」という追想録には、猪瀬氏を恩師と仰ぎ敬慕する126人の思いが掲載されている。

 伏木さんは「猪瀬氏が残した橋梁技術や学術、研究などは北海道の道路、港湾、橋梁などの開発や発展に多大な功績を挙げた」と話し「国道36号の幌別橋の設計や、苫小牧に掘り込み港湾を築いたのも猪瀬氏です」と紹介する。

 全181ページ。1冊500円(税込み)。問い合わせは伏木さん宅、電話0143・45局4354番へ。

関連記事

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...