北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「道の駅あびら」きょうオープン、復興のシンボルに【安平】

「道の駅あびら D51ステーション」の完成を祝いテープカットする及川町長(中央)ら関係者

米津開建部長から道の駅の登録証を受け取る及川町長(左)

 昨年9月の胆振東部地震で被害を受けた安平町追分に「道の駅あびら D51ステーション」が完成した。平成最後の「道の駅あびら」は道内124カ所目の開業となる。きょう19日のオープンを前にした18日、開業記念式典が行われ、約150人の出席者が祝福した。及川秀一郎町長は「震災からの復興元年のシンボルにしたい」と力強く宣言した。

 記念式典では及川町長が震災復興への支援に、お礼を述べた後「胆振東部地震という大きなピンチを胆振東部3町の一致団結によって大きなチャンスに変えていきたい」とあいさつ。北海道開発局室蘭開発建設部の米津仁司部長が道の駅の登録証を及川町長に手渡した。及川町長ら9人がテープカットして施設の完成を祝った。

 施設を運営するあびら観光協会の小林正道代表理事は「町内のあらゆる観光資源を融合させた施設となるように運営に努力していきたい」と抱負を語った。遠藤真教支配人は「とても緊張しています。笑顔と真心を大切に頑張っていきたい」と話していた。

 施設はメインのセンターハウスに無料休憩所、食事コーナー、約500点の土産や各種グッズなどをそろえた売店、焼きたてパンの販売所を配置。隣の棟には町や近郊の野菜など地場産品の即売所もある。

 施設の目玉となっている蒸気機関車「D51 320」は6月ごろに運び込み展示する予定。施設内は旧国鉄時代に石炭輸送でにぎわっていた追分駅の懐かしい風景を再現しており、町民をはじめ鉄道ファンらでにぎわいそうだ。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス