北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭夜景バスの予約好調、6月以降の臨時便を検討【室蘭】

予想以上のペースで予約が集まる室蘭夜景見学バス=写真は昨年

 室蘭観光推進連絡会議(石田仁会長)と道南バス(室蘭市東町、矢野輝佳代表取締役社長)が、27日~5月5日の日程で企画運行する室蘭夜景見学バスの予約が好調だ。初日と2日目がすでに満席になる盛況ぶり。これを受け、同会議は6月以降に臨時便を出す方向で検討している。

 JXTGエネルギー製造部室蘭事業所は、7月末をめどに停止した装置の保安灯を段階的に消灯。同会議は、今回を最後に同バスの定期的な運行終了を決め、単独企画で運行する可能性を残していた。

 同バスの定員は40人。17日現在で、27、28の両日は満席。5月1日以降も30人(1日)、31人(3日)と座席の半分以上が埋まっている日も多い。

 同会議は「JXTGの夜景を見たい市民や観光客の申し込みが多いのではないか。問い合わせも普段よりある」と推測する。

 あまりの盛況ぶりに、同会議は6月以降に臨時便での運行を検討。具体的な日時やコース、回数は今後、詰めていく考え。

 同会議は「予想を上回るペースで予約が寄せられている。まだ満席になっていない日もあるので、問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

 同バスの運行は期間中の毎日、1日1便。道の駅みたら室蘭や陣屋除雪ステーション、崎守ビュースポット、祝津公園展望台などを2時間45分程度で回り、工場群や白鳥大橋のライトアップを観賞する。料金は大人(中学生以上)1500円、小児(小学生)500円。申し込み、問い合わせは室蘭観光協会、電話0143・23局0102番へ。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...