北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ロケット 強風で延期 IST【大樹】

打ち上げ延期が決まり、格納庫に戻すため倒されるロケット(固定カメラ映像から)

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前、町浜大樹の実験場で同日昼(午前11時15分~午後0時半)に予定していた観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを行わないことを決めた。風が強く打ち上げが難しいと判断したため。3日以降の打ち上げは天候条件などを考慮し、2日午後に判断する。3号機は4月30日昼の打ち上げ予定を、バルブの不具合や風の影響のため2日に延期していた。

 ISTによると、延期の要因となったバルブには異物が混入していたことが判明した。新品のバルブに交換し、異物への対策を行うなど準備を進めてきたが、2日午前10時半、中止を決定した。液体酸素の充填(じゅうてん)作業中で、機体に不具合などは確認されなかった。

 2日夕(午後4時~同5時20分)の時間帯の打ち上げについては、強風が見込まれるため、実施しないことを前日に判断していた。

 モモは民間単独開発としては国内初の高度100キロ以上の宇宙空間を目指す液体燃料ロケット。エタノールと液体酸素を推進剤とし、推力は1.2トン。全長9.9メートル、直径50センチ、燃料を含めた重さは1150キロ。2017年7月に打ち上げた初号機、昨年6月打ち上げの2号機では宇宙空間に到達できなかった。

 改良を重ねた3号機は、機体を立てた状態でエンジンを燃焼する「縦吹き」実験を2度行うなど、打ち上げへの精度を高めていた。機体には高知工科大の超低周波音を観測する機器と神奈川県相模原市の会社が販売するハンバーグを搭載している。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...