北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ロケット 強風で延期 IST【大樹】

打ち上げ延期が決まり、格納庫に戻すため倒されるロケット(固定カメラ映像から)

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前、町浜大樹の実験場で同日昼(午前11時15分~午後0時半)に予定していた観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを行わないことを決めた。風が強く打ち上げが難しいと判断したため。3日以降の打ち上げは天候条件などを考慮し、2日午後に判断する。3号機は4月30日昼の打ち上げ予定を、バルブの不具合や風の影響のため2日に延期していた。

 ISTによると、延期の要因となったバルブには異物が混入していたことが判明した。新品のバルブに交換し、異物への対策を行うなど準備を進めてきたが、2日午前10時半、中止を決定した。液体酸素の充填(じゅうてん)作業中で、機体に不具合などは確認されなかった。

 2日夕(午後4時~同5時20分)の時間帯の打ち上げについては、強風が見込まれるため、実施しないことを前日に判断していた。

 モモは民間単独開発としては国内初の高度100キロ以上の宇宙空間を目指す液体燃料ロケット。エタノールと液体酸素を推進剤とし、推力は1.2トン。全長9.9メートル、直径50センチ、燃料を含めた重さは1150キロ。2017年7月に打ち上げた初号機、昨年6月打ち上げの2号機では宇宙空間に到達できなかった。

 改良を重ねた3号機は、機体を立てた状態でエンジンを燃焼する「縦吹き」実験を2度行うなど、打ち上げへの精度を高めていた。機体には高知工科大の超低周波音を観測する機器と神奈川県相模原市の会社が販売するハンバーグを搭載している。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...