北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばんえい9億円超の好スタート 開幕4日間【帯広】

多くの人でにぎわった競馬場

 帯広市が主催するばんえい競馬は、4月30日で今年度の開幕4日間の開催日程を終えた。馬券発売額は9億8383万1800円に上った。開幕が例年より1週間遅く、ゴールデンウイーク(GW)期間中となったため、前年度とは単純比較はできないが、開幕4日間で比べると、74.5%上回った。特に最終日の30日は3億円を超えた。天候に恵まれ、入場者数も増加に転じるなど好調なスタートを切った。

 今年度の第1回開催は27~30日(土-月曜)の4日間。昨年度と違い、GWに合わせて土曜日のスタートとなった。

 馬券発売額は開幕初日が2億6219万円(47.2%増)、2日目の28日が1億9257万円(52.9%増)、29日が2億347万円(60.7%増)、30日は3億2558万円(144.6%増)だった。特に4日目は、前日に高額配当が出たことに加え、平成最後の日で「令和という新たな時代に向けて、景気付けに買ってくれた人が多かったのでは」(市ばんえい振興室)とする。

 発売額の内訳はインターネット投票による発売が8億4776万円で、全体の86.2%を占めた。このうち、南関東4競馬場のSPAT4が3億7089万円、楽天競馬の競馬モールが2億5411万円と続いた。

 帯広競馬場は5103万円、8カ所の直営場外も5340万円と好調。入場者数は2万5417人で、前年度のGW期間中と比較しても大幅に増加した。

 市ばんえい振興室は「GWということを考慮しても好調なスタートを切れた。この勢いを維持していきたい」としている。

 今年度の開催は毎週土・日・月曜(一部除く)で、来年3月24日までの151日間。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...