北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ばんえい9億円超の好スタート 開幕4日間【帯広】

多くの人でにぎわった競馬場

 帯広市が主催するばんえい競馬は、4月30日で今年度の開幕4日間の開催日程を終えた。馬券発売額は9億8383万1800円に上った。開幕が例年より1週間遅く、ゴールデンウイーク(GW)期間中となったため、前年度とは単純比較はできないが、開幕4日間で比べると、74.5%上回った。特に最終日の30日は3億円を超えた。天候に恵まれ、入場者数も増加に転じるなど好調なスタートを切った。

 今年度の第1回開催は27~30日(土-月曜)の4日間。昨年度と違い、GWに合わせて土曜日のスタートとなった。

 馬券発売額は開幕初日が2億6219万円(47.2%増)、2日目の28日が1億9257万円(52.9%増)、29日が2億347万円(60.7%増)、30日は3億2558万円(144.6%増)だった。特に4日目は、前日に高額配当が出たことに加え、平成最後の日で「令和という新たな時代に向けて、景気付けに買ってくれた人が多かったのでは」(市ばんえい振興室)とする。

 発売額の内訳はインターネット投票による発売が8億4776万円で、全体の86.2%を占めた。このうち、南関東4競馬場のSPAT4が3億7089万円、楽天競馬の競馬モールが2億5411万円と続いた。

 帯広競馬場は5103万円、8カ所の直営場外も5340万円と好調。入場者数は2万5417人で、前年度のGW期間中と比較しても大幅に増加した。

 市ばんえい振興室は「GWということを考慮しても好調なスタートを切れた。この勢いを維持していきたい」としている。

 今年度の開催は毎週土・日・月曜(一部除く)で、来年3月24日までの151日間。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...