北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「熱中カフェ」本格始動 更農高生運営「地域交流の場に」【更別】

 十勝さらべつ熱中小学校(村更別南1線93)の敷地内に建つコンテナハウスを利用し、更別農業高校の生徒がプロデュース・運営する「熱中カフェ・Kalanchoe(カランコエ)」が1日、本格オープンした。来客数は4月29日のプレオープンには及ばなかったが、曇り空の下、30組以上が来店し、にぎわった。

熱中カフェを開店させた更別農業高の生徒たち

 昨年12月に熱中カフェの存在を知った更別農業高校の生徒たちが「カフェをやってみたい」と関心を示したことがきっかけ。同敷地内のレストラン「熱中食堂」の川口達也シェフが、営業のめどが立っていなかったカフェを稼働させたいと模索していたこともあり、地元の高校生を雇用して開店することにした。

 カフェでは、コーヒーやソフトクリーム、クロワッサンなどを提供するほか、地元企業と更別農業高が共同開発したレトルトカレーなども販売している。

 カフェ名の「カランコエ」は花の名前で、花言葉は「たくさんの小さな思い出」。店名を提案した同校2年の菅原早久良さん(16)は「花言葉の通り、お客さまがカフェで小さな思い出をたくさんつくってくれるとうれしい」、3年の広田結衣さん(17)は「地域の人が楽しく交流できる場にしたい」とカフェの開店に懸ける意気込みを語った。

 カフェでは今後、地元の野菜を使いスムージーなどを提供する予定。新メニューはこれから高校生スタッフが考えていく。

 高校生のカフェ運営をバックアップする川口シェフは「令和元旦にオープンしたこのカフェが地元に根付き、地域おこしの一環になれば」と話している。

 営業は土・日曜、祝日の午前11時~午後3時(テスト期間や学校行事の日などを除く)。カフェスタッフを志望する地元の高校生も募っている。問い合わせは熱中食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス