北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「熱中カフェ」本格始動 更農高生運営「地域交流の場に」【更別】

 十勝さらべつ熱中小学校(村更別南1線93)の敷地内に建つコンテナハウスを利用し、更別農業高校の生徒がプロデュース・運営する「熱中カフェ・Kalanchoe(カランコエ)」が1日、本格オープンした。来客数は4月29日のプレオープンには及ばなかったが、曇り空の下、30組以上が来店し、にぎわった。

熱中カフェを開店させた更別農業高の生徒たち

 昨年12月に熱中カフェの存在を知った更別農業高校の生徒たちが「カフェをやってみたい」と関心を示したことがきっかけ。同敷地内のレストラン「熱中食堂」の川口達也シェフが、営業のめどが立っていなかったカフェを稼働させたいと模索していたこともあり、地元の高校生を雇用して開店することにした。

 カフェでは、コーヒーやソフトクリーム、クロワッサンなどを提供するほか、地元企業と更別農業高が共同開発したレトルトカレーなども販売している。

 カフェ名の「カランコエ」は花の名前で、花言葉は「たくさんの小さな思い出」。店名を提案した同校2年の菅原早久良さん(16)は「花言葉の通り、お客さまがカフェで小さな思い出をたくさんつくってくれるとうれしい」、3年の広田結衣さん(17)は「地域の人が楽しく交流できる場にしたい」とカフェの開店に懸ける意気込みを語った。

 カフェでは今後、地元の野菜を使いスムージーなどを提供する予定。新メニューはこれから高校生スタッフが考えていく。

 高校生のカフェ運営をバックアップする川口シェフは「令和元旦にオープンしたこのカフェが地元に根付き、地域おこしの一環になれば」と話している。

 営業は土・日曜、祝日の午前11時~午後3時(テスト期間や学校行事の日などを除く)。カフェスタッフを志望する地元の高校生も募っている。問い合わせは熱中食堂(0155・67・5959)へ。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...