北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「MOMO」成功に町活気 グッズ人気【大樹】

道の駅コスモール大樹に並ぶMOMOグッズ。Tシャツの人気が高い

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)による観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げが成功し、道の駅コスモール大樹ではモモのグッズが人気が集めている。このほか、町が行っているふるさと納税制度を活用したクラウドファンディング(CF)でも、ISTへの支援額が打ち上げ成功後に急増するなど反響がある。

 同道の駅では3号機にちなんだ商品として、黒とオレンジの2種類をそろえたTシャツ(2000円)やミッションマークのステッカー、シール(ともに400円)を販売。このほか、初号機、2号機のグッズ、宇宙食などの宇宙関連商品も扱っている。

 道の駅を運営する町商工会(三浦祥嗣会長)によると、打ち上げが成功した4日には、IST関連商品の売上額が1日当たりの過去最高となる約13万円(90点)を記録した。

 当初打ち上げを予定していた4月30日は約6万円分(40点)が売れたほか、特産品を含めた全体の売上額では1日当たりの過去最高を達成。ゴールデンウイーク期間の全体の売上額も過去最高だった昨年同時期の約1.3倍に達した。

 道の駅を担当する佐藤公亮主事は「打ち上げの延期が続き、観覧に訪れた人にとっては残念だったが、ロケット目当ての来町者が継続したことで経済効果は大きかった」と“モモ特需”を喜ぶ。

 一方、町が4月11日から行っているISTを支援するCFも関心が高まっている。

 打ち上げ前日の3日時点の寄付額は18人による36万円だったが、8日現在では42人から101万5000円が寄せられ、人数、金額ともに一気に増えた。

 町企画商工課は「宇宙に到達したことで注目度が高まり、町としても喜ばしい。応援の呼び掛けがしやすく、さらに支援が集まるのでは」と期待を寄せている。

関連記事

函館新聞

三橋美智也さんの名曲歌い継ぐ 11月に古里北斗で【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身の歌手、故三橋美智也さん(1930―96年)の楽曲を、ゆかりのある歌手が歌う「三橋美智也ふるさとコンサート」(スマド、市かなでーる協会主催)が11月24日、総合文化...

函館新聞

「最後の武士達」円筒形1基目設置 土方「最期の地碑」近く【函館】

 戊辰戦争終結150周年記念事業実行委員会(中野豊会長)は15日、函館市総合福祉センター前の若松緑地内に土方歳三に関わる円筒形のモニュメントを設置した。若松町周辺には箱館戦争当時、一本木関門があ...

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...