北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

しかべ間歇泉公園が来場者100万人達成【鹿部】

来場者100万人目を喜ぶ(左から)林陽子さん、厚子さん、育光さん、盛田町長、吉会長

 【鹿部】道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」の来場者が11日、100万人を突破した。盛田昌彦町長は「わずか3年で100万人に到達したのは、町の規模で考えると素晴らしい快挙。道の駅のスタッフに感謝したい」と喜んだ。

 同道の駅は2016年3月18日に開業し、17年8月には来場50万人に到達。定期的にイベントを開催するなどしてコンスタントに来場者を積み上げてきた。

 100万人目となったのは、札幌市東区の自営業、林育光さん(67)。家族で道の駅を巡るのが趣味で、この日も妻の厚子さん(59)、長女の陽子さん(36)と来場した。

 同日は早朝から自宅を出発。育光さんは「とても驚いた。道中でコンビニなどにも寄っていたので、少しでも時間がずれていれば選ばれていなかったと思うと感慨深い」と話し、厚子さんも「まさか自分たちがなるとは思わなかった」と笑顔で話す。

 施設入り口でくす玉が割られた後は、敷地内の間歇泉広場に移動し、セレモニーが行われた。鹿部温泉観光協会の吉英樹会長が「次は150万人目達成のセレモニーも考えている。ぜひ次回も狙って遊びに来てほしい」とあいさつ。盛田町長は記念品として、町産の新鮮な海産物のセットやタラコを模した抱き枕などを贈った。

 同施設は100万人達成を記念して12日から14日まで、施設内の鮮魚店や惣菜店、食堂などで1000円以上購入した場合、会計から100円を値引きするキャンペーンを展開する。

 盛田町長は「今後も町民を巻き込んで、若い人にも遊びに来てもらえるような町にしていきたい」と語った。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス