北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

根室公園「ひょうたん池」再生 ロータリークラブ1年がかりで【根室】

きれいな池に再生した根室公園ひょうたん池をバックに記念撮影に収まる根室ロータリークラブ

 根室ロータリークラブ(佐藤隆会長)が創立60周年記念事業として1年がかりで行ってきた根室公園ひょうたん池の環境整備が終わり、12日に会員が集合して園内にライラック50本を記念植樹した。とかく汚いと不評を買ってきた池はきれいな水をたたえ、訪れる人に清々しさを感じさせている。

 根室公園は昭和38年に開園した市民の憩いの場。一帯は戦時まで住宅地で、根室空襲で焼け野原になった場所で、もともと木はほとんどなかったが、根室ロータリークラブが翌39年から植樹を開始。先達が「ロータリーの森」としてコツコツ植えた木々は今、緑豊かな公園を形作っている。

 根室市による遊具やトイレなどの設備、大地みらい信用金庫による全天候型バーベキューコーナーの設置など整備が進んだ中で、唯一不評だったのが「ひょうたん池」だ。根本的に流入する水量が少ないため、水がよどんで汚れやすく、汚泥がたまり悪臭の要因にもなってきた。さらに池の内外に生命力の強い外来植物が繁茂し水の流れを悪くしたほか、地面と池の境目を分かりにくくして危険もあった。市はこれまで何度も池の清掃を行ったり、人工的な水の流れを作るなどして改善に努力してきたが、時間が経つと元に戻ってしまい、いたちごっこになっていた。

 こうした現状に対して、開園以来植樹などを通して園内の環境整備に尽力してきた根室ロータリークラブが、60周年記念事業(長谷川敬二実行委員長)として立ち上がった。根室市と連携を取って1年がかりのスケジュールを立て、雑草を刈り取り、池の水を抜いて汚泥を除去し、池底をきれいにした上で通水。池の一部を覆うほどに繁茂していた外来種のキショウブも除去して、周囲に安全対策としてのフェンスを設置した。

 ひょうたん池整備の締めくくりとして12日に園内で行った植樹には、会員ら30人余が参加。高さ70~80センチメートルほどのライラック50株を、公園の東側に植えた。

関連記事

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...